マーケティング

SEO対策のトレンド「ソーシャルシグナル」

あなたのホームページで、普段からSEO対策は行われていることと思います。

しかし、SEO対策というものは、検索エンジン側の変更に合わせて、常にこちら側も調整していかなければなりません

もし、かつては上位表示していたけれども、最近下がってしまった。また、これまでもSEO対策をやってきたけど、なかなか上に上がらない、ということであれば、何かがズレている可能性があります。

そこで、ここ最近のSEO対策の傾向(トレンド)に合わせていく必要があります。

では、今、SEOトレンドはどのようになっているのでしょうか?

今日のタイトルにあるように、今、検索エンジン側では、評価基準のひとつとして、「ソーシャル・シグナル」を重要視しています。

「ソーシャル・シグナル」は、検索エンジン側があなたのサイトが、お客様に共有されているのかなどを判断する指標になります。

特に、TwitterやFacebook、Google+などのソーシャルメディアにおいて、あなたのサイトのURLがシェアされているかがポイントになります。

また、インターネット上に公開されているPDFファイルなどの電子書類などでもリンクが貼られて紹介されていたりすると、それもソーシャル・シグナルのひとつとして認識されます。

つまり、これまでは、ホームページ内部の情報(キーワード)が重要だったのですが、それに加えて、外部、特にリンクではなく、ソーシャルメディアにおいて、ホームページがシェアされているかが評価されるようになりました。

ソーシャルメディアそのものに投稿された記事が検索エンジンに掲載されなくなっていますが(情報が膨大なのと、情報の信ぴょう性が欠けるため)、ソーシャルメディアで、あなたのサイトのURLがリンクされていることは検索エンジン上位表示の一つの条件になってきています。

これまでは、あなたの方からの情報発信がメインだったのですが、これからは、“いかにシェアされるか”も、SEO対策の重要な要素になってきているということです。

つまり、「シェアされるほど、情報の信ぴょう性が高く、お客様から評価されている」と判断されるからです。

 

では、具体的にどうすれば「シェア」されるのでしょうか?

当然、ソーシャルメディアでシェアされるようなコンテンツ、つまり、「お客様にとって有益な情報」になります。

そして、重要なことは、その情報が自社ドメインのサイト内のページにあり、また、そのページへのリンクをソーシャルメディア内で記事と一緒に記載すること。さらに、その情報ページがシェアされるように、各ソーシャルメディアの「シェアボタン」を設置しておくことがポイントになります。

あなたのホームページやブログ(各記事ページ)に、ソーシャルメディアの「シェア」ボタンが設置されていますか?

もし、なければ今日からすぐに設置しておきましょう。(※ ここで“自分で編集できるサイトを持つ”意味が出てきますね)

また、最近では、このコンテンツもテキストよりも、“ビジュアルコンテンツ”、いわゆる画像や動画によるものが、シェアされる確率が高いので、こうしたコンテンツを発信することが、SEO対策につながるとも言われています。

これまでは、ホームページをいかに見てもらうかという観点で、ホームページ内のキーワード構成などが中心になっていたのですが、“今の時代”のSEO対策は、コンテンツ重視、そして、シェアされることが重視されてきたので、外注することは難しく、自分自信で、自分の言葉で情報を発信していくことが、最良のSEO対策となります。

そのための最良の対策は、『自社サイトのブログ化』です。

自社サイトをブログ化することで、従来の戦略キーワードで固めるSEO対策もできますし、また、ブログ記事が増えることで、ページ数=インデックス数も増え、これもSEO対策の重要な指標になります。

さらに、各記事ページが、シェアされる対象のページとなり、そこに、各ソーシャルメディアのシェアボタンも簡単に設置することができますので、まさに、今の時代のSEO対策に適したサイトということになります。

もし、あなたがサイトがもうちょっと古くなったなぁとリニューアルをお考えであれば、その時は、自社サイトのブログ化も視野に入れてください。

今、SEO対策のトレンドは、いかにあなたのホームページ(記事ページ)がシェアされ、話題となっているかになってきていますので、ブログ記事とソーシャルメディアの連携が必須になってきます。

時代とともに、SEO対策も変化してきています。

情報に敏感に、そして、お客様とともに成長していくサイト作りを念頭に、ウェブマーケティングを展開してくださいね。

今日も最後までお読み頂きまして誠にありがとうございます。

それでは、また。

いつもありがとうございます。

関連記事

  1. 売上を妨げる意外な盲点
  2. 三度目の正直
  3. Facebook「フィード購読」の設定と活用
  4. ジョブズ氏の知的自転車
  5. お客様を巻き込むしかけ
  6. 1泊160円のDVD自動レンタル機「RedBox」
  7. メルマガのネタ集めの秘訣
  8. メルマガを機能させる方法

オススメ記事

トレンド・ビジネスアイディア

PAGE TOP
Show Buttons
Hide Buttons