マーケティング

検索結果上位が本当に「集客」につながるのか?

今の時代の新しいSEO対策について、単純にホームページでのキーワード対策だけでなく、ホームページの所有者登録と、ソーシャルメディアでの情報発信(情報連携)が必要だというお話をしました。

【関連記事】

★ホームページの登録はお済みですか?

★ウェブマスターツールとGoogle+の関係

 

すでに、御社サイトをGoogleとBingのウェブマスターツールへの登録をされていると思いますが、今日は、このウェブマスターツールの活用方法についてお話したいと思います。

ウェブマスターツールは、前回お話ししたように、御社サイトが正式な所有者の元に運営されているサイトであることを検索エンジン側に証明するために行います。

同時に、検索結果に対する最適化(どのようにキーワード対策すればいいか)をするためのツールでもあります。

特に、今、検索キーワードとして設定しているキーワードが、本当に集客や売上(転換率)に役立つキーワードになっているかを確認することができます

どういうことか?

一般的なアクセス解析ツールや、Googleアナリティクスでも、どのようなキーワードで、どれだけ検索されて、サイトに訪問されているのかという数字を見ることができます。

しかし、これは、あくまでも、「サイトに訪問された数」がベースになっているので、サイト訪問した人の中で、使われたキーワードということになります。

もし、ここに、あなたが想定したキーワードが含まれていなければ、検索エンジン対策に、多くのお金と労力を費やしていても、ムダということになります。

一方、ウェブマスターツールでの、キーワードレポートでは、実際に検索されたキーワードで、御社サイトのURLが、その検索結果で表示された回数と、そのクリック数(転換率)を確認することができます。

ここで何を見るべきか。

SEO対策というと、とかく、検索数の多いキーワード(ビッグキーワード)に固めがちなのですが、せっかく設定したキーワードでも、クリックされる率(CTR: クリック転換率)が低ければ意味がありません

残念ながら、そこまでSEO対策を考えながら、行われている所が少ないのが現状です。

どうしても上位表示にこだわり過ぎているところがあり(上位表示されていてCRTが高ければ問題ありませんが)、その結果が、集客や売上につながっているかどうかを見極めていかなければなりません。

実際、表示回数が少なく、順位も低いにも関わらず、CRT(転換率)が高いキーワードがあったりします

つまり、そのキーワードであれば、表示順位を高めることで、見込度の高いお客様のサイト誘導ができるということになります。

実際に、あなたが上位表示させたいキーワード(ビッグキーワードが多い)と、ウェブマスターツールで確認した、CRTの高いキーワードとは、総じてズレていることが多いのです。

本来の検索エンジン対策というのは、ビッグキーワードで上位表示して、CRTも高いに越したことはないのですが、実際には、ここには企業や商品のブランディングにも大きく影響することもあります。

現実的なSEO対策は、いかに少ない投資で、利益を最大化できるかというところに集中していくことが大切です。

そこで、重要になってくるのが、CRTの高いキーワードを知り、そこに最適化していくことになります。

また、これは検索エンジン対策(オーガニック検索)だけでなく、広告やソーシャルで使うキーワードとしても、この転換率の高いキーワードを意識して使うことが大切です。

今、あなたが検索エンジン対策として設定しているキーワードが上位表示されていたとして、そのキーワードからの誘導が、結果(売上など)にどれだけつながっているかを把握できているでしょうか?

意外と、今まで自分が思っている、多く投資をしてきたSEO対策キーワードと実際に、お客様が検索されクリックしてサイトに訪れる元になっているキーワードとが、ズレていることが多いようです。

SEO対策というのは、いかに、ビジネスにつながるお客様を誘導することができるかというものですので、理想と現実の差をいかに埋めていくことが、本当のSEO対策となります。

そのためにも、ウェブマスターツールに登録して、活用していくことが重要になってきます。

意外と、メインキーワードに据えているキーワードのCRTが低いことに気がつきます。

もし、そうであれば、そのキーワードが実際に相手にしたいお客様が求めているキーワードであるか再検証したり、その他のCRTの高いキーワードに、フォーカスしていくかなどの対策をして頂ければと思います。

まずは、ウェブマスターツールへの御社のホームページの登録と、ソーシャルメディアとの情報連携を進めてみて下さい。

Googleウェブマスターツールへの登録

Googleウェブマスターツールの設定(サイト登録やサイトマップ登録)や、各種ソーシャルメディアと自社ブログの連携などの設定に関して、何かご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォームはこちら

お待ちしております。

 

関連記事

  1. 新・商いの設計図【無料ダウンロード】
  2. マーケティングは自分でできる範囲で行う
  3. ハウスリストの活用で大切なこと
  4. 少ない集客でも売上を上げる方法【その3】
  5. Google Analyticsでサイトの現状分析をするポイント…
  6. ホームページのどこを見れば改善となるのか?
  7. 「7つの習慣」がホームページ復活の鍵
  8. 改正特定電子メール法

オススメ記事

トレンド・ビジネスアイディア

PAGE TOP
Show Buttons
Hide Buttons