ITPro Expo 2008

itproexpo.jpgitproexpo1.jpgitproexpo3.jpg
今日、東京ビッグサイトで開催されていた「ITPro Expo 2008 Autum」に行ってきました。
日経BP主催のイベントで、IT、特にネットワークソリューション系の企業や製品、サービスが出展していました。
今回のテーマは、ICTとUnify。
ICTは、Information and Communication Technologyの略で、ITと呼ばれていたものに、コミュニケーションの部分を強化、付加した技術やサービス。
そして、Unify。「統合」、「結合」の意味。
今回は、社内での情報共有やコミュニケーションを促進するためのサービスが多く出ていました。
特に、グループウェア関連や、社内ネットワーク関連、文書の共有管理(DMS)や遠隔会議システムなどがありました。
なかなか、Webマーケティングの、という部分ではすぐに使える、また導入すべきものはありませんでしたが、企業が大きくなるにつれて、こうした社内情報の交通整理や文書管理、コミュニケーションの効率化が必要になってくると思います。
それよりも、マーケティング的な視点から見て、いつも思うことなのですが、相変わらず、こうしたイベント、コンベンションでの集客、マーケティングの下手さが目につきます。
ミニスカートのお姉ちゃんをブースの前に立たせて、ノベルティで名刺交換。
果たしてこの名刺が、売上につながるものなのか、と言えば怪しい限り。
「このシステムを使うことで業務の効率化を図り、経費節減につながります」
というプレゼンテーションが嘘っぽく聞こえる。
プロモーションとして割り切っているのであれば、それはそれでいいのですが、名刺を獲得して、その後の営業につなげるという主旨で行っているのであれば、もっと効率的に、また精度の高い顧客を誘導する方法はあります。
ひどかったのは、「さかな釣りゲーム」。
チビッ子用のビニールプールの中に、カードがあって、それを釣竿で釣るというもの。
「任天堂のWiiなど、豪華賞品をご用意しておりまーす。ご参加くださーい。」
参加するには、名刺交換が必要。
???
ちょっと待って、ここは何の会社?後から、この会社から連絡が来たって、会社の内容を覚えているわけがないから、断るだけ。
何のためにやっているか、本当に不思議。
中学、高校の文化祭じゃないんだから。
こうしたイベントに参加するには、結構なお金がかかる。
本当に、業務効率アップ、ROIアップを謳ってビジネスをしているのであれば、もっと本質的な部分で、有望見込客を獲得することに、頭と時間とお金をかけるべき。
これが、本当の意味での経費節減、ROIの向上につながるし、説得力も増す。
僕だったら、お金かけて出展するんだから、もっと効率的、効果的なやり方をするなぁ。
そんなのは、お姉ちゃんを使わなくても、おまけを出さなくてもいくらでもできる。
もっとビジネスしよう。
まぁ、イベントとしては面白いけど。
【写 真】
写真左:Dellのブース。ネットワーク型のPCや、ネットブックなどを紹介していました。
写真中:サイボウズのブース。世界一受けたい授業風に、著名人が抗議する形でやってました。桑田真澄も登場。
写真右:セキュリティソフトで有名な、カスペルスキー氏。このために来日したらしい。もうちょっと強面のおっちゃんだった気がしたけど・・・

関連記事

  1. 義に生きる

  2. キャベツダイエット

  3. 氏神さま

  4. ご当地マック

  5. 新年明けましておめでとうございます

  6. “新”企画

  1. 2019.06.24

    社長、営業マンを楽にしてあげましょう!!

  2. 2019.06.17

    人を動かす6つの動機

  3. 2019.06.17

    タイプ別(業界別)戦略設計のポイント

  4. 2019.06.14

    戦略設計はできていますか?

  5. 2017.12.11

    LA Autoshowに行ってきました。

  1. 2015.08.03

    「仕組み」は「感情」で考える

  2. 2015.07.08

    最近、「売れなくなってきた」と思ったら!?

  3. 2015.04.24

    見込客を逃さないために必要なもの