目標設定とマーケティング

Webサイトを作って、そこで「儲け」を作るためには、目標設定は欠かせない。
目標の数値がなければ、やることが明確にならないはずなのに、多くのネットビジネスを行っている企業は、目標の数値なしに、多くのお金と時間を浪費していて、「儲からない」と嘆いている。
当然の結果かもしれない。
Webサイトでのビジネスが思うように行っていないということであれば、それは2つのズレがあるから。
1つ目は、相手にしたい顧客と、集めている顧客のズレ。
2つ目は、目標数値がないままに、行っている施策のズレ。
この大きな2つのズレがあるまま、Webサイト制作に何十万、何百万とお金をかけ、誰を相手に、いくら上げるか見えないまま、無駄な労力をかけている。
これが、実態。
まずは、しっかりと、目標を明確にすること。
それは、年の売上目標から始まり、月ベースに落とし込む。
ここで初めて、この売上をあげるために何を販売していくのか、その売上をあげていくために何をすべきかが明確になってきます。
それがないのに毎月、何を目的に、希望的な売上だけを追い求めて、空振りの施策を、まったく的外れの顧客に対して行っているということが、見えてきたかと思います。
毎月、目標とする数値を達成するために、何をどれだけ販売していけばいいのか。
これを明確することで、本当に必要なやるべきことも明確になってきます。
だからこそ、空振りすることなく、効率的な施策にコストをかけることになるので、コスト削減、費用対効果を上げることにつながります。
つまり、儲かります。
高収益体質企業になるための第一歩、それが、目標設定(目標を数値化していくこと)になります。
あと1ヶ月で、2009年。
2009年の年の売上目標、そして、月別の売上目標を今のうちから準備して、12月から開始できるように、やるべき施策を明確にしておきましょう。
もし、目標設定の仕方、月ベースに落とし込む方法、そして、それに伴う販売戦略、マーケティング戦略の立て方が分からないということであれば、ぜひご相談ください。
ご相談先:contact@mailea.com まで
お待ちしております。
いつもありがとうございます。
みんなハッピー♪
菅 谷

関連記事

  1. エビデンスマーケティング

  2. 情報の露出と質について

  3. Facebookの埋め込み機能どう活用するか?

  4. 一度逃げたお客様を呼び戻す方法

  5. 売り方を科学する

  6. ホームページを機能させる3つの要素

  1. 2019.06.24

    社長、営業マンを楽にしてあげましょう!!

  2. 2019.06.17

    人を動かす6つの動機

  3. 2019.06.17

    タイプ別(業界別)戦略設計のポイント

  4. 2019.06.14

    戦略設計はできていますか?

  5. 2017.12.11

    LA Autoshowに行ってきました。

  1. 2015.08.03

    「仕組み」は「感情」で考える

  2. 2015.07.08

    最近、「売れなくなってきた」と思ったら!?

  3. 2015.04.24

    見込客を逃さないために必要なもの