ノルマ経営

23日月曜日の夜に、テレビ東京の「カンブリア宮殿」に、紙オムツ、生理用品などでトップシェアを誇る、ユニ・チャームの社長、高原豪久氏のインタビューが放映されていました。
今のユニ・チャームの社長は、二代目社長なのだそうですが、初代社長時代の多角化による失敗で経営が傾いたのを、再建した凄腕経営者です。
経営再建、そして、この不況下でも業績好調の要因をお話されていました。
「カンブリア宮殿」
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/list/list20090223.html
その時、経営ポリシーとして2つのポイントをお話されていました。
1つ目は、やはり、「選択と集中」。
多角化による失敗から、会社を立て直すために、紙オムツなどの主力商品に経営リソースを集中し、徹底した現場主義(お客様との接点を増やす)によって、危機から脱したそうです。
そして、2つ目が、「ノルマ経営」。
ここで言うノルマは、単なる数字のノルマではなく、自ら掲げた目標に対して、それを達成するための行動プラン策定を徹底して行い、全社員で共有していくというもの。
それを、「SAPS経営」と言っていました。
SAPSは、
S=Schedule 計画
A=Action 実行
P=Performance 達成
S=Schedule 計画
のサイクルを回すことだそうです。ユニ・チャームでは、これを30分単位での行動管理を徹底していました。
30分単位とまではいきませんが、実は、この目標達成方法は、以前から知られている手法で、私も今までクライアント様で目標設定が必要な場合に、お伝えしたきた目標達成にとっては、効率的な方法です。
この方法を実践することができれば、立てた目標がより確実に達成できるようになり、また、目標達成に対しての行動計画を元に行動するだけなので、無駄な費用削減につながり、利益率を高めるという効果があります。
一見、Webマーケティングとは縁遠い話に見えますが、実はこの目標設定と管理こそが、成功の要と言っていいほど重要なものになります。
これがなくして、顧客定義も、顧客導線も、Webサイトデザインもツールもテクニックも、意味をなしません。
ぜひ、御社においても、この不況下ダントツ売上を上げているユニ・チャームで行っている経営の一部を取り入れられることをお勧めします。
徹底した目標設定・管理が、不況下にでも大きな売り上げを達成することができます。
お勧めです。
いつもありがとうございます。
みんなハッピー♪

関連記事

  1. B to Bで取るべき情報戦略

  2. ハウスリストの活用で大切なこと

  3. ブログ記事をFacebookで拡散してもらう方法

  4. Googleが薦めるホームページの作り方

  5. AKB48総選挙に見るキャンペーンプラニング

  6. 少ない集客でも売上を上げる方法【その2】

  1. 2019.06.24

    社長、営業マンを楽にしてあげましょう!!

  2. 2019.06.17

    人を動かす6つの動機

  3. 2019.06.17

    タイプ別(業界別)戦略設計のポイント

  4. 2019.06.14

    戦略設計はできていますか?

  5. 2017.12.11

    LA Autoshowに行ってきました。

  1. 2015.08.03

    「仕組み」は「感情」で考える

  2. 2015.07.08

    最近、「売れなくなってきた」と思ったら!?

  3. 2015.04.24

    見込客を逃さないために必要なもの