米アップル増収増益

iphone.jpg

【米アップルの1―3月期、増収増益 アイフォーンがけん引】
米アップルが22日に発表した1―3月期業績は、売上高が前年同期比9%増の81億6300万ドル、純利益が同15%増の12億500万ドルだった。高機能が人気の携帯電話「アイフォーン」の販売がけん引役となり、増収増益を実現した。一株利益は同15%増の1.33ドルで、市場予想の1.09ドルを上回った。(4/23日経新聞)
この不況時にでも、アップル強し。
アメリカでは、日本のように高機能、多機能の携帯電話があまりないので、iPhoneが売れるのはよくわかる。
今回の増収増益が、そのiPhone、iPod Touch用のアプリケーションのダウンロードによる収入が下支えしている格好。
確かに、全世界で10億ダウンロード達成ということで、アップルのサイトでお祝いしている。
でも、最近のアップルのサイトは表示までに時間がかかって遅いのは、そのせいかもしれない。
しかし、ここまで好調ということは、不況であっても、こうしたものにお金を使うということが分かったことが大きい。
外食や旅行などの出費を抑えても、少額のこうしたゲームやアプリに使う。
顧客一人あたりの単価は低いけれども、全ユーザーがコツコツと使い続けてくれれば、山となる。
フリーミアムではないけれど、会員やユーザーに対して、低価格の付加価値サービスを提供して販売していくという業態は、こうした不況時でも強いことが立証された形。
また、米国で好調な理由がもうひとつあって、ハイテクギーク(ハイテクのおもちゃ好き)やビジネスユースが増えているからではなく、むしろ、低所得者のiPhone所有が増えているため。
というのは、iPhoneさえあれば、電話も写真も、音楽もインターネットもこれ一台で済ませるので、実際の電話やカメラ、ラジカセ、パソコン、インターネット接続などの機器を揃えたり、利用料を払うことを考えれば、月額利用料の方が安いため、iPhoneへの一本化が低所得者層に広がっているため。
確かに、メキシコ系の人たちもiPhone持っていて、最近は裕福になったのかなぁと思ったけれども、こういう裏事情であることを知ると納得できる。
さらに、そこに低価格の付加価値を与えるアプリケーションのダウンロードと相まって、増収増益につながる。
不況だからこそ、強さが映えるビジネスモデル。
こんなビジネスで商売したいものです。
がんばろう。
あとは、iPhoneにワンセグとおサイフ携帯対応になると無敵なんだけどなぁ。TVは付くらしいけど。
いつもありがとうございます。
みんなハッピー♪

関連記事

  1. 再評価されるEメールマーケティング

  2. Facebookのクリックベイト(クリック誘導)記事排除へ

  3. 大企業だって必死

  4. YouTube動画のアノテーションの外部リンクを有効にする方…

  5. 海外では寿司ビジネスが活況

  6. 最近のアイドルに学ぶファン客化戦略

  1. 2019.06.24

    社長、営業マンを楽にしてあげましょう!!

  2. 2019.06.17

    人を動かす6つの動機

  3. 2019.06.17

    タイプ別(業界別)戦略設計のポイント

  4. 2019.06.14

    戦略設計はできていますか?

  5. 2017.12.11

    LA Autoshowに行ってきました。

  1. 2015.08.03

    「仕組み」は「感情」で考える

  2. 2015.07.08

    最近、「売れなくなってきた」と思ったら!?

  3. 2015.04.24

    見込客を逃さないために必要なもの