マーケティング

オプトインとランディングページ

インターネットでビジネスを行う上で、必要なもの。それは・・・

  • 顧客定義
  • 顧客定義からの戦略キーワード(テーマ)
  • 顧客定義に沿った商品構成(価格設定)
  • 顧客ステージに合わせた提供商品
  • 顧客定義に沿った見込客獲得のしかけ(無料オファー)
  • 顧客定義で設定したお客様が反応する情報提供(ブログ、SNS)
  • 見込客への情報啓蒙(メルマガ)
  • 有望見込客へのご提案(セールスメール)

というものになります。

え?今まで聞いてきたものと違う・・・。ホームページやブログ、Facebookをやってるだけじゃダメなの?

はい、それらは、いわゆる「プラットフォーム」です。

その「プラットフォーム」に掲載するのが、商品情報はさることながら、もっと重要なものが「コンテンツ」になります。

「コンテンツ」とは、商品情報ではなく、「顧客定義をしたお客様が求めている情報」になります。

そして、お客様のステージに合わせた「流れ=顧客導線」が重要になります。

しかし、多くの方が、『顧客定義』(=誰に売りたいのか)を明確にしないまま、商品を売ることばかりに注力して、本当に相手にしたいお客様にリーチできていないというのが現状です。

上記の必要なものがあることが、インターネットビジネスを行う上での必須条件なのですが、さらに、集客と売上を加速させるために、大切な「しかけ」が2つあります。

それが、「オプトイン」「ランディングページ」です。

「オプトイン」というのは、いわゆる、見込客のお名前とメールアドレスを取得するしかけのことで、昔より「無料オファー」として定着しつつある手法になります。

それでも、まだまだ実践されている方が少ない、でも、集客・売上を加速させるためには、ぜひともやって頂きたいことでもあります。

さらに、この効果を高めるために、その情報だけを掲載し、目的も1つに絞ったページのことを「ランディングページ」と呼びます。

見込客獲得という目的であったり、セールスクロージングという目的であったり、広告やSNS、メルマガやブログなどのメディアから誘導してくる先、着地(Landing)させるページなので、「ランディングページ」と呼びます。

もちろん、上記の「顧客定義」や「顧客導線」ができている状態で、「オプトイン」や「ランディングページ」のしかけを組み合わせることで、よりその効果を確実に高めます。

しっかりと「顧客定義」で相手にしたいお客様を明確にし、そのお客様が知りたい情報を提供し、購入直前の状態になったお客様に対し、ランディングページに誘導し、クロージングする。

この流れを作ることで、インターネットでのセールスが自動化して行くことになります。

ロサンゼルス近郊在住の方限定なのですが、「FB広告の効果的な使い方」と「成約率を高めるランディングページの作り方」をテーマにしたセミナーを開催します。

インターネットでのビジネスに勢いをつけたい、現状を改善したいということであれば、ぜひご参加下さい。

「成約率の高いランディングページ構築術
&ウェブ広告運用セミナー」の詳細はこちら

関連記事

  1. 今年はネット環境が激変します
  2. ウェブで目標達成する最善の方法
  3. WordPressで音声ブログを発信する方法
  4. ホームページのどこを見れば改善となるのか?
  5. Yahoo!サイトエクスプローラーが終了になりました。
  6. 情報発信の5つのポイント
  7. Facebook インセンティブ「いいね」が禁止に
  8. ホームページは、“雄弁”に語る

オススメ記事

トレンド・ビジネスアイディア

PAGE TOP
Show Buttons
Hide Buttons