エビデンスマーケティング

090612_0944~0001.jpg

【エビデンスマーケティング】
商品を通じて、わかりやすい根拠・裏づけのある価値(=安心感に繋がる事実)をお客様に提案するマーケティング手法。
今、マーケティングの世界で注目されている手法です。
特に食品業界に多く見られ、昨今の「食の安全」という観点と、機能性食品として特保(特定保険用食品)が取りづらいというところから、このエビデンスマーケティングが注目されてきました。
エビデンスマーケティングは、消費者に対して「安心、信頼」を持っていただくための「証拠=エビデンス」を示していくマーケティング手法になります。
要は、お客様の購入心理として、まず商品やサービスの機能の前に、
「このお店(会社)は大丈夫だろうか?」
「この商品は本当に役立つ(効果がある)のだろうか?」
「お金を払って商品がこないなんてないだろうか?」
という不安を抱いています。
そのお客様の不安を取り除くために、お届けするインフォメーションとして、メールやホームページ、広告やチラシなどで発信していくことになります。
しかし、大企業の場合は、もう一歩進んだ解釈をしており、「適切なお客様に、適切な商品をお届けすることで、そうした不安を作らない」という切り口での商品開発が行われています。
特保商品とまではいかずとも、
「朝専用缶コーヒー」
「アルコール0.00%ビール風飲料」
「目覚めるカラダ朝カレー」
「二日酔いの後に一杯でしじみ70個分のパワー」
「真夜中の贅沢」
「部屋干しでも臭くならない洗剤」
と言った、機能や目的そのものをネーミングにあらわして、同時にエビデンスも訴求する商品が増えています。
つまり、凝った名前の商品で販売するよりも、それが何の目的の商品なのかをネーミングであらわしてしまうマーケティングが、大企業中心に行われています。
今、お客様のニーズが多様化してきており、モノが売れない時代になってきています。
そんな時代の最適なマーケティング手法として、エビデンスマーケティングが注目されています。
でも、この方法、ずっと前から小林製薬はやってきてたけどね。
小林製薬のネーミングの妙を研究してみてください。
http://www.kobayashi.co.jp/seihin/menu/name.html
いつもありがとうございます。
みんなハッピー♪

関連記事

  1. ブログやメルマガで何を書けばいいのか?

  2. エントリーモデル戦略思考

  3. メルマガの文章力をアップする方法

  4. Google Analyticsで(not provide)…

  5. 「レビュー機能」を集客に賢く使う

  6. リマーケティングの実践方法

  1. 2019.07.11

    お金の流れと改善策の関係について

  2. 2019.06.24

    社長、営業マンを楽にしてあげましょう!!

  3. 2019.06.17

    人を動かす6つの動機

  4. 2019.06.17

    タイプ別(業界別)戦略設計のポイント

  5. 2019.06.14

    戦略設計はできていますか?

  1. 2015.08.03

    「仕組み」は「感情」で考える

  2. 2015.07.08

    最近、「売れなくなってきた」と思ったら!?

  3. 2015.04.24

    見込客を逃さないために必要なもの