これは便利!ページめくり

dramane.png

前回の「Appleに学べ!」でもお伝えしたのですが、今やホームページをはじめ、ウェブの世界では、文字(テキスト)情報があまり読まれなくなってきています。
かつては、長文のランディングページなどは、主流でしたが、誰もが同じ方法を用いすぎたので、今では、同じランディングページの形式の場合は、あまり先に読み進めないと思います。
では、どのように情報発信をして、セールスにつなげればよいのでしょうか?
ひとつは、これまでもお伝えしているように、「動画」というものがあります。
そして、もうひとつがテキスト情報であっても、見せ方を変えるということです。
見せ方を変える?
はい、見せ方を変えます。
以前にもご紹介したのですが、PDFファイルなどをアップロードするだけで、ページめくりに変換してくれるサービスがあります。
以前、「issuu.com」というサービスを紹介しました。
issuu.comは、それはそれで良いのですが、さらなる進化版が登場しました。
その名も、「Flipsnack.com」です。
サービス内容は、issuu.comと同じなのですが、一点異なるのが、日本語において重要な、“右めくり”ができるということです。
英文の本の場合、左めくり(右から左)が常識なのですが、日本語の本の場合は、右めくり(左から右)が一般的です。
特に本や漫画、雑誌などは、右めくりだと思います。
この新しい「Flipsnack」は、そのめくりの方向を、右・左から選ぶことができます。
実際にどのようなものか、ご確認下さい。
サンプル本の一部です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ページめくりの例
いかがですか?
同じテキストでも、PDFファイルでも、こんな感じでページめくりで見せることで、より読んで頂ける確率が高まります。
ちなみに、このサンプルは漫画形式でしたが、漫画にするということも情報を読んで頂くための秘訣になります。
この「Flipsnack」への登録は、facebookのアカウントを持っていれば、そのIDで、そのままログインすることができます。
さらに、issuu.comと同じく、twitterやfacebookなどへの共有ボタンがついていますので、簡単にシェアしてもらえます。
さらに、さらに!
この「Flipsnack」では、facebookのコメント欄がすでに搭載されているので、そのファイルを見た人の感想などを書き込んで頂け、また、その人のfacebook上にも掲載してもらえます。
もちろん、そのコメントに返信することで、よりお客様との間のロイヤルティを構築することができます。
無料の小冊子やレポートなど、今、単純にPDFファイルを見せているだけ(ブラウザ標準のAdobe Reader)で見せているだけであれば、動的に見せる、且つ、ソーシャルへの共有機能がある、この「Flipsnack」の活用をお勧めします。
特に、飲食店などの場合、ホームページに掲載するメニューなども、この「Flipsnack」の機能を使うと、見た目もきれいで、好印象を与えます。
こんな感じです。↓
サンプル(メニュー)例
ご確認下さい。
もちろん、ただ、PDFファイルをページめくりにしただけでは意味がありません。
きちんと読んで頂いたお客様に次のアクションを起こして頂くための“しかけ”が用意できているかが、そうしたサービスを利用する価値になります。
技術的な部分だけに飛びつくのではなく、お客様を獲得するために、どう活用していくのかを考えていきましょう。
その意味では、先ほどの漫画をご覧頂き、その後、どのように展開していくのかを体感してみてください。
サンプルはこちらをクリック
いつもありがとうございます。

関連記事

  1. 「ガリレオ」式論理思考で目標達成

  2. Facebookページが突然閉鎖されないために注意すべきこと…

  3. YouTube動画のアノテーションの外部リンクを有効にする方…

  4. Facebookページの「インサイト」は宝の山!?

  5. ウェブサイトのリニューアルではなく、リフォームする意味

  6. 新年あけましておめでとうございます。

  1. 2019.07.11

    お金の流れと改善策の関係について

  2. 2019.06.24

    社長、営業マンを楽にしてあげましょう!!

  3. 2019.06.17

    人を動かす6つの動機

  4. 2019.06.17

    タイプ別(業界別)戦略設計のポイント

  5. 2019.06.14

    戦略設計はできていますか?

  1. 2015.08.03

    「仕組み」は「感情」で考える

  2. 2015.07.08

    最近、「売れなくなってきた」と思ったら!?

  3. 2015.04.24

    見込客を逃さないために必要なもの