勉強したことを実践するための土台づくり
Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email
スクリーンショット 2011-12-29 22.52.21.png

アップルのホームページに新年からの「初売り」の予告が表示されました。クリスマスセール後の展開が、用意周到に準備されています。
こうした予告の告知を含めたキャンペーン展開には、いつも勉強させられます。
実際には、1月2日からの初売りということになっているので、今後、アップルがどういうキャンペーンを打ってくるのか注視しましょう。
マーケティングの勉強になります。
さて、このアップルのように、クリスマスから年末年始にかけてのこの時期、“情報系”の商材販売のメールが非常に増えています。
というのも、クリスマスや年末年始などは割引などのキャンペーンを行うのに、とてもいい“口実”になるからです。
ノウハウ系の商材は、キリがないほど、毎年毎年、増え続けています。でも、全てが全て、あなたのビジネスにとって効果があるものとは限りません。
誤解のないようにお伝えしておきますが、公開されているノウハウがダメだと言っているわけではありません。投資をされ、勉強されたノウハウを実践し、効果をあげるためには、いくつかの条件があります。
それは・・・
 1.中途半端にではなく、学習したことを、きちんと実行すること。
 2.100%そのまま行うのではなく、自分の商材、お客様に合わせてアレンジして行うこと。
 3.そのために、その効果を測定し、結果に応じて調整していくこと。

になります。
facebookを使うにしても、ブログを使うにしても、新たなテクニックを使うにしても、“結果につながる導線”が準備できているかどうか、その導線が正しく機能しているかどうかを、計測することが重要になります。
さて、あなたのウェブ戦略において、導線設計はされているでしょうか?
今、行っている施策が、望む結果につながっているでしょうか?
いろいろな施策やツールを活用することは、それはそれで間違いではないのですが、しっかりと、その「行動の結果」を検証する必要があります。
この「行動の結果」を検証することで、どの行動が集客や販売につなげることができたのか、効果的だったのかを知ることができます。
これまで、私のメルマガやブログ、facebookなどで、この「土台づくり」の重要性を説いてきましたが、なかなか、それを準備する時間がない、具体的に何から手を付けたらいいのかわからない、ということで、結局、何の導線(土台)なしに、ツールやノウハウを使われている状態の方が多いことが分かりました。
そこで、何とか、成果を出す実践をして頂きたいと思い、ウェブマーケティングで必須となる、「顧客導線の土台づくり」を私の方でお受けして、そのための現状分析と、戦略策定まで行いたいと思います。
現状のホームページ分析と、これから行うべき、戦略書(プロジェクトマネジメントレポート)、facebookページに調整までであれば、ベーシックコースで。
これに加えて、キャンペーンプランニング(タイムライン=行動計画書)の作成まで行うには、ゴールドコースを。
実際、このタイムラインシートを作成するために、非常に頭を使います。今回のアップルのキャンペーンのように、事前の予告から、スタート当日、そして、その数日後までといった時間の中での「やることリスト」を作ります。この労力を、あなたのために費やします。
そして、上記に加えて、実際に、facebookページやブログ、ホームページ(ランディングページ)の作成、またはリニューアルが必要な場合は、プレミアムコースで承ります。
通常の制作を依頼されるよりも、かなりの破格値でのご提供だと思います。比較してからお決め下さい。
ただし、かなり私の時間と、頭を使いますので、5社をお受けするのが限界だと思い、【先着5社限定】とさせて頂きました。
定員になり次第、締め切りとさせて頂きますので、お早めにお申し込み下さい。
新年から、心機一転、ウェブマーケティングをしっかりと行っていきたいということであれば、ぜひ、ご活用下さい。
お待ちしております。
「サイト分析&戦略設計パック」のお申し込みはこちらをクリック
※年内のお申し込みであれば、特別謝恩価格が適用されます。併せてご確認下さい。
いつもありがとうございます。

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email
関連記事