マーケティング

ハイブリッドサイトにするメリット

ここ最近、ホームページのスマホ対応への需要が高まっています。

 

実際、Google Analyticsでのアクセス解析をしてみると、約半数近くがモバイル端末からのアクセスが総じて増えています。

 

もちろん、業種、業界にも依りますが、インターネットへのアクセスが、スマホに移行しつつあるのは事実です。

 

スマホ対策については、また別途、お話をしたいと思います。

 

こうした動きを受け、つい先日、あるクライアント様のホームページリフォームを行ったのですが、今回、このホームページは「ハイブリッドサイト」として作成しました。

 

「ハイブリッドサイト?」

 

ここで言う「ハイブリッドサイト」とは、ホームページと自社ブログ、そして、スマホサイトを融合したサイトを指します。

 

今まで、これらは別々に用意するものだったのですが、最近では、1つにして作成することができるようになったので、制作コストなども大幅に削減できるようになりました。

 

また、これであれば、複数メディアとして持つ必要はなく、管理がとても楽に行えるので、マーケティングやセールス的にも有利に働きます。

 

今回リフォームした「ハイブリッドサイト」はこちらになります↓

http://www.coulyne.com

※iPhoneなどスマホをお持ちであれば、パソコンとスマホでご確認下さい。(レスポンシブサイトになっています)

 

先日、「ホームページの更新は自分で行うことで機会損出を防げる」というお話をしました。

 

キャンペーン(セールス)などで、お客様の反応に併せてコンテンツやオファーを自分たちですぐに変更・追加していくことで、逃がさなくても良いお客様を逃がさずに済むようになります。

 

また、スマホサイトの表示においては、スマホユーザーの利用目的から考え、Facebookやブログでの情報収集が主な目的になっていますので、スマホではブログを中心に表示させるようにしています。

 

これは、御社でもぜひ実践して頂きたいのですが、ブログ記事は単なる読み物として終わりにするのではなく、必ず、「次のステップ」への導線を引きます。

 

さらに、スマホの場合は、最初の入り口がFacebookであることが多いため、Facebookページからブログへと誘導する導線を引いておくことがポイントになります。

 

つまり、重要なことは・・・

 

スマホユーザーが増えているから、スマホサイトを持たなければいけないということではなく、御社のお客様が、スマホ経由でアクセスしてきた場合、どのような手順で情報をご確認頂き、次に何をしてもらうかを設計したサイト(仕組み)を設けることになります。

 

ハイブリッドサイトを設計する場合も、「お客様がどの入り口から訪問されるのか?」を前提に考え、お客様の動きに合わせて最適化していくことになります。

 

ハイブリッドサイトを持つメリットは、上記のように、管理は1つのサイトで良いので楽になることなのですが、ウェブマーケティングにおいて、お客様の誘導のコツは、「情報の一貫性」が保たれていることになるので、それが全て自社内で展開できていることが、情報の信憑性も高くなります。

 

ホームページリフォームの1つの選択肢として、参考にして頂ければと思います。

 

もし、御社において、このホームページ、ブログ、スマホサイトが1つになった、ハイブリッドサイトをご希望であれば、「ホームページリフォーム」で承ります。

 

★ホームページリフォーム↓

https://www.mailea.com/reform.html

 

「ハイブリッドサイト」をご希望の場合は、ホームページ、自社ブログ、スマホサイトを合わせての制作になります。ご確認下さい。

※お使いのサーバーなどの状況で、WordPressなどのブログを導入できない場合がございますので、その際はご相談させて頂きます。

 

現在のホームページが数年前に作成したままで、リフォームを考えている。

 

もっと反応が良いホームページにしたい。お客様に受け入れられるホームページにしたい。ということであれば、今の時代に則したホームページリフォームを行いますので、下記よりお申込み頂ければと思います。

 

★ホームページリフォームのお申込みは今すぐこちらから↓

https://www.mailea.com/reform.html

 

お早めにご確認頂ければと思います。

 

いつもありがとうございます。

 

関連記事

  1. ノルマ経営
  2. お客様が本当に知りたいことが集客につながる!?
  3. 集客を5倍に増やす方法
  4. 少ない集客でも売上を上げる方法【その3】
  5. 新年あけましておめでとうございます。
  6. 市場はどこにあるのか?
  7. 商品やサービスがシェアされるようにするには?
  8. 顧客導線と「○○」が成功の決め手

オススメ記事

トレンド・ビジネスアイディア

PAGE TOP
Show Buttons
Hide Buttons