マーケティング

Facebook インセンティブ「いいね」が禁止に

さて、今月8月初めに「Facebookプラットフォームポリシー」の改訂が行われたのはご存知でしたか?

 

いろいろな変更の中で、ウェブマーケティングにおいて一番影響のある変更が、「Facebookインセンティブ「いいね」獲得の禁止」です。

 

いわゆる、“プレゼントや特典をあげるから、「いいね」してね”が、禁止になりました

 

よく、Facebookページ上で、「いいね」をクリックしてくれたら、専用ページで特典や限定記事を、という方法が「いいね」獲得の常套手段だったのですが、これが出来なくなりました。

 

いわゆる、ファンページって、やつですね。

 

ファンページそのものは使えるのですが、隠しページとして、それを見るためには「いいね」をしてファンになったら見れますよ、と告知・宣伝することが禁止になったということです。

 

では、これが禁止になったということは、どうやって、「いいね」を獲得すればいいのか?

 

今後は、こうしたインセンティブ「いいね」が禁止になったことで、純然たるコンテンツ(内容)とブランディングが、「いいね」獲得の必須となります。

 

しかし、私は、Facebookは、既存の見込客や既存客の方への情報提供により、そこからの情報拡散による「潜在的見込客」の獲得装置と考えています。

 

ですので、まず、最初の「いいね」獲得は、御社が持っている見込客、既存客の方々に対して、情報フォローアップの観点からも「いいね」してもらうように誘導します。

 

そのために有効なのが、ダイレクトに情報をお伝えできるメール(メルマガ)で直接、Facebookページに誘導し「いいね」してもらえるよう促すこと。

 

まず、ここがないと大きな拡がりにはつながりませんので、見込客・既存客に「いいね」してもらうことが肝心です。

 

その上で、さらに目のつく場所、ホームページやブログなど、自社媒体に、FacebookページのLike Boxを設置しておきましょう。

 

これにより、既存の見込客や既存客に対してだけでなく、検索エンジンから訪問された新規の見込客の方に対しても効果的です。

 

ですが、本来、訪問客=新規の見込客候補は、「見込客」になって頂きたいので、見込客に取り込むしかけに誘導したいものです。

 

ですので、新規の訪問客の誘導先は、「見込客」になって頂くためのオファーのページ、いわゆる、ランディングページに誘導するようにします。

 

当然ここでは、オファーがブレないように、Facebookページへの誘導は控え本来反応してもらいたいオファーのみを提供するだけにします。

 

見込客に移行した後、Facebookページの存在をお知らせして「いいね」してもらうようにします。

 

ということは、まとめると、

 

「いいね」獲得と誘導導線-2

 

というような「導線設計」が有効になります。(実際、私のクライアント様でもこのような導線設計を組んでいます)

 

基本的には、全くの新規の方をFacebookで獲得しようと考えるのではなく、まずは、自分の見込客・既存客から「いいね」してもらい、そこからの情報拡散、共有により、新しい潜在見込客を誘導。

 

その上でランディングページやブログに誘導し、従来の「見込客」に遷移してもらう。

 

そして「見込客」になったことで、メルマガでのさらなる情報啓蒙で、集客の助けをして頂くことと、実際のご利用(購入)に誘導する流れに誘導して行きます。

 

こうした「誘導導線」があることで、今、あなたが発信している情報がより、集客や売上に貢献していくこととなります。

 

そして、ここに、Facebookの「いいね」での情報拡散と集客導線につななっていくのです。

 

「いいね」ボタンでの集客方法

 

さて、「いいね」獲得に関して、もう一点、有効な場所があるのですがご存知ですか?

 

それは・・・

 

サンキューページ」です。

 

ランディングページ等で、オファーに反応(登録)したり、購入やお申込み後など、気持ちがホットな時、つまり、サンキューページに、FacebookページのLike Boxを設置することで、「いいね」を獲得することができます。

 

また、それぞれのお申込み後に、サンキューメールなども送られると思います。

 

そのメールの中にも、Facebookページへのリンクを設置して誘導し「いいね」をして頂くように促すのも効果的です。

 

ちょっとしたことなのですが、意外と行っていない“お金のかからない”方法なので、今すぐに実践してみて下さいね。

 

今や、ソーシャルメディアも小手先ではなく、コンテンツ&ブランディングの時代になってきました。

 

お客様にとって有益だと思われる情報を、効果的・効率的にお伝えするしくみ(流れ)と共に発信していくことが、望む結果につながります。

 

そうそう、今回のインセンティブ「いいね」の禁止になりましたので、もし、あなたのFacebookページで、特典付きのファンページで「いいね」獲得のしかけをしているのであれば、すぐに取り消してくださいね。

 

規約違反で、Facebookページが削除されてしまいますので(削除の可能性)があるので、こちらも今すぐ対応して下さいね。

 

今日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

それでは、また。

 

いつもありがとうございます。

 

関連記事

  1. キャンペーンの情報発信のポイント
  2. GoogleのCMが意味するもの
  3. ソーシャルブックマークとホームページのハブ化
  4. 売上目標を達成させる9つのポイント
  5. Google化対策
  6. 新たなSEO対策「オーサーランク」が再注目!【要対策】
  7. ソーシャルメディア時代の「しくみづくり」
  8. メルマガのネタ集めの秘訣

オススメ記事

トレンド・ビジネスアイディア

PAGE TOP
Show Buttons
Hide Buttons