マーケティング

メルマガ反応率が34.2%までUP!集客目標も達成!!その方法とは?

昨日お知らせしました、クライアント様でのメルマガ戦略の事例をご紹介したのですが、最終的には、全体メルマガで反応した(クリックした)お客様だけを抽出し、その絞り込んだお客様だけに配信したセールスメールの反応率が、最終的には34.2%までに上がり、事前に設定していた集客目標も達成しました。

 

クライアント様もこれまでもメルマガ配信してきたが、これほどまでに反応が高く、セミナーへの集客の目標達成になったのは初めてだと驚かれていました。

 

しかし、これまでお伝えしてきたメルマガ配信戦略に従って、きちんと順序立てて行うことで、この結果が得られることはある程度見えていましたので、今後は、この精度を高め、他のオファーでも同じ結果が得られるようにすることに注力したいと思います。

 

さて、今回のこのクライアント様で、何をしたかと言うと・・・

 

  • 通常配信のメルマガでのオファー(ご提案)を1つに絞りました。
  • できるだけこれまでの形式を崩さず、しかし、一番伝えたいことを強調しました。⇒ 反応率は、最終的には2.3%に。
  • ある程度の反応率が見えたので、次に、「1メール1テーマ」に絞ったメールを全体リストに配信しました。→ 結果、反応率が5%に。
  • 次にメルマガ反応者(オファーをクリックしてくれた方)だけに、さらに詳しい情報を書いたメールを配信しました。⇒ 結果、反応率が34.2%に!!

 

この手順で行いました。

 

今回は、セミナー集客という目的を達成するために行ったのですが、開催までに時間がなかったので、配信タイミング的には、毎日になってしまいましたが、お客様は、自分が欲しいという情報、有益だと感じる情報であれば、毎日であっても嫌がられず、むしろ、反応率が高まっていることが、そのことで裏付けされました。

 

本来は、もっと戦略的にスケジュールを作って行っていくのですが、基本の流れは同じです。

 

なんと言っても、やはりメールが売上に直結する一番のメディアであることは今も昔も変わりません。

 

その効果を高めるのは、内容もさることながら、そのタイミングと配信対象になります。

 

今、数件のクライアント様でもメルマガ戦略の最適化を進めており、メルマガの反応率が上がったり、ネットからの集客、売上があがるようになってきたとのレポートを頂いています。

 

そこで、御社のメルマガ戦略についても見直しをして頂けるよう、実践講座を設けました。

 

メルマガの書き方だけでなく、配信戦略・計画や目標達成のためのセールスメールアプローチなどを実際のメルマガ配信を通じながらお伝え致します。

 

メルマガ配信に際し、多くの方が独自のメール配信システムをお使いになられているのですが、おススメは、メールの中に仕込んだURLのクリック測定と誰がクリックしたかを絞り込める機能が付いたものが良いです。

 

今回事例をご紹介したクライアント様も以前は違うメール配信システムでしたが、今回の最適化を機に、クリック測定とクリック者の絞り込みができるものに変更されて、今回の結果が出ました。

 

もちろん、今お使いのメール配信システムに効果測定や絞り込みの機能がついていなくても大丈夫です。

 

絞り込みはできなくても、お客様が求めている情報が何であるのかを知る方法がありますので、次の対策を打つことができます。

 

ただし、まぐまぐなどの無料メルマガ配信スタンドの場合でも良いのですが、やはり、お名前を付けて配信できないと効果が半減するので、これを機に、きちんと自社のメールアドレスで、お客様のお名前付きのメールを配信できるメール配信システムをお使い頂ければと思います。

 

さて、もし、御社ですでにそうしたメール配信システムをお使いなのであれば、すぐにメルマガ戦略の最適化を進めて行くことができます。

 

もし今、惰性的にメルマガ配信をしているのであれば、または、そのメルマガからの効果をもっと高めたいとお考えであれば、ぜひ、「情報発信力養成講座」を受講して頂ければと思います。

 

実際には、私とSkypeやLINEでのセッションを行い、また、メルマガ原稿を校正させて頂き、実践を通じながら、そのメルマガ戦略を進めていくプログラムになります。

 

★「情報発信力養成講座」の詳細&お申込みはこちらをクリック

 

この機会にぜひ、御社のメルマガ戦略を最適化して頂ければと思います。

 

お待ちしております。

 

それでは、また。

 

いつもありがとうございます。

 

関連記事

  1. 【重要】Yahoo!の大幅な変更がありました。
  2. キャンペーンの情報発信のポイント
  3. Google Analyticsがデザインリニューアル
  4. Facebook インセンティブ「いいね」が禁止に
  5. フリーミアム
  6. 会社名・商品名のYouTubeチャンネルが作れるようになりました…
  7. 「お金を払ってもいい」と思われているか?
  8. メルマガの本当の役割

オススメ記事

トレンド・ビジネスアイディア

PAGE TOP
Show Buttons
Hide Buttons