トレンド

100円PC

aspireone_blue.jpg
今、家電量販店で目につく、100円PC。
それを筆頭とした、ウルトラモバイルノートPCが大人気。
欧米では受け入れられないとされて敬遠されてきた小型、軽量化PCは、やはり日本で市場が花開いた形。
あのMac Book Airも、当初、日本のアップルのマーケティング担当の取締役だった、前刀氏(ライブドアの創業者)がスティーブ・ジョブズに、「これからはノートPCは薄型、軽量の時代が来る」と進言したところ、却下され、当時のアップルはハイスペックマシーン(Power Book)路線に走っていった。
しかし、時代が流れて、今や、小型、薄型、軽量が求められる時代が到来。数年越しに、前刀氏の予見が実現することになるわけ。
そして、Mac Book Airの登場。
それを前後して、Windows陣営では、XPを積んだウルトラモバイルが次々と登場。
当初、中国系メーカーが主流だったのが、最近では、ヒューレット・パッカードやDellも参入してきたほど、拡大市場に。
ということで、そんなウルトラモバイルPCが、目につくようになったので、ご多分に漏れず、「100円PC」の広告につられて、するするっと電器屋さんに。
何でパソコンが100円で買えるかというと、イーモバイルのネットワークカードを契約すれば、100円になるという仕組み。
詳しくはこちら
で、その噂の100円PC(eeePC701-SD)を見てみたら、画面が7インチ。少し貧相。内蔵ハードディスクはなく、フラッシュメモリ8GBが付いている。
重さは、1kgを切る0.91kg。ただ、メモリが512MBだったので、ちょっと見送り。
で、その隣に、8.9インチの一回り大きい画面のマシンが、こちらもイーモバイルとセットで買えば、9,980円で買えるということで、かなりお得。
スペック的にも、メモリ1GB、HDDも120GBも付いていてグゥ!
aspireone_blue_side.jpg
いろいろ迷った末(2つしかないけど)、この1万円PCを衝動買い。
100円PCの方も、この1万円PCも、きちんと無線LANやカメラまで付いているので、コストパフォーマンスがかなりいい。
セカンドマシン、外出用マシンとしては申し分なし。お勧めです。
しばらくはこの”おもちゃ”で遊びたいと思います。
いつもありがとうございます。

関連記事

  1. 日本上陸で話題のBlue Bottle Coffeeに行ってみた…
  2. 動画マーケティングの勘違いと正しい対策
  3. 米国小売業&Webマーケティング情報
  4. アウトレットは大盛況
  5. IE9登場
  6. 通販系こそセミナーをやるべき
  7. 斜陽の大国
  8. New iPod nano登場!

オススメ記事

トレンド・ビジネスアイディア

PAGE TOP
Show Buttons
Hide Buttons