シーテック2008
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email

seatec1.jpg
幕張メッセで開催されているシーテック2008(最先端IT・エレクトロニクス総合展)に行ってきました。
最新技術のオンパレード。特に、今年はモバイル端末系関係の商品、技術、サービスが、かなり力を入れて展示されていました。
iPhoneの登場で、各メーカー刺激を受けているのか、画面にタッチして操作するパネルタッチ方式のデバイス(ガジェット)が多く開発されていました。
今後はより、外でインターネットなどを通じて情報を得る機会が増えることになりそうです。業界自体がそのように動いています。
私たちもWebマーケティングを考えていく上で、これからは、家や会社内でのパソコン操作だけでなく、外出先、外でのアクセスが大いにありうる時代になってきました。
実際に外でのユースを想定したマーケティングプロセスも含めて考えていく必要がありそうです。
以前、iPodを活用した動画を外に持ち出して、情報を得てもらう方法をご紹介しましたが、今日のシーテックで見た限り、もっと携帯端末の機能が充実してくることを考えると、携帯電話やiPodなどの携帯音楽プレイヤーだけではなく、いろいろな端末で情報を得られるようになりそうです。
その代表格が、先日お話したUMPC(ウルトラモバイルPC)。
これがかなり紹介されていました。従来のノートパソコンよりも小さく、携帯よりも大きな画面でインターネットを見る。
seatec2.jpg
そのUMPCの中で目を惹いたのが、FujitsuのLoox Uシリーズ。
かなり小さく、手のひらサイズ。重さ(軽さ?)も565gでかなり軽いです。
で、何で小さくできたかというと、通常キーボードの下あたりにタッチパッドがあるのですが、このLooxにはそれがない。
なんと、画面に直接、指でタッチして操作するタッチパネル方式を採用。慣れるまでちょっと時間がかかりそうだけど、ちょっとおしゃれ。
ただ、Vista搭載というところが気になるところ。
UMPCのスペックでは、なかなかVistaのパフォーマンスを発揮するには小さすぎるので、本当はXPで十分のような気がします。
そして、UMPCと同じく、新しい市場になるであろうというもので、小型の携帯端末、MID(Mobile Intenet Device)。UMPCよりも少し小さい、昔ちょっと流行ったパームのような端末。
seatec3.jpg
今後、これらUMPCやMIDを軸に、インターネットを外でアクセスしやすくしていくために、規格として出てくるのが、WiMAX。
今は、無線の規格として、Wifiが一般的ですが、次世代の無線通信の規格して来年を目途に開始になるのが、このWiMAXです。
当面、スピードは40Mbpsのダウンロードから始まり、最終的には光通信レベルまでに上がるとのこと。
今後は、外出先で、WiMAXが受信できるところでは、映画など大きなファイルサイズの動画などもストレスなくストリーミングできることになります。
より、外で情報を得る機会が増えていきます。
seatec5.jpg
また、WiMAXだけでなく、Docomoが実験しているSuper3G。これも100Mbsのスピードで、携帯電話でダウンロードできるようにするための通信規格。
さらに、自分のお店の周りだけ、特定な地域にだけ発信する独自のワンセグ放送など、無線、通信の発達が、外でのインターネット環境を劇的に変化させていきます。
これからのWebマーケティングは、こうしたモバイルインターネットの動きを見据えた、しくみ、しかけを用意していく必要があります。
今後のWebマーケティングは、ホームページだけの戦略だけでなく、実世界でのインターフェイスも考えたものにしていかなければなりません。
また、追々、このあたりの実験も含めて、アイディアをご紹介していきますね。
ということで、シーテック2008レポートでした。
いつもありがとうございます。
追伸:
テレビでやってた一人乗りリニアモータカーに乗ろうと思ったのですが、あまりにも長蛇の列だったし、見世物パンダ状態だったのでやめました。
めっちゃたくさんの人でした。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email
関連記事
最近の投稿
アーカイブ
サービスメニュー
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email