マーケのヒントがゴロゴロ

080721_1537~0002.jpg

今日も朝から年パス使って、チビと二人で散歩がてらにディズニーランド。
しかし、あいかわらず、マーケティング(儲け)のヒントがゴロゴロ転がっている、“マーケティングの聖地”。
今は、ハロウィーンのイベント期間中。いろいろなイベントグッズが売られている。
でも、こんなことがマーケティングのヒントではない。キャンペーンなら誰でもできる。
凄いところは、本当に見つけにくいところにあったりするのだ。
まずは、このページを見ていただきたい↓
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/japanese/event/halloween2008/full.html
これは、大人が全身仮装をして入園してもいい日を示しているカレンダーです。
ハロウィーンのイベントは、9月12日~10月31日まで。
つまり、イベントの最初と最後の1週間だけ、それが許されている。
うむぅ、これには何かあるぞ・・・。
実際に、全身仮装で来る大人は、みんな本気モードの人たちばかり。
なので、最初はチビと、「あっ、あそこにベル(「美女と野獣」の美女)がいるっ。写真を撮ろう」って近づいたら、日本人のお姉ちゃんだった。
と間違えてしまうぐらい本気の衣装で来ているのだ。
だから、そういうトラブルにならないために、全身仮装の制限をしているのだと思った。
確かにそれも理由の一つでしょう。
でも、最初と最後の1週間という理由にはならない。
まだ、何かある。臭うぞ・・・。クン、クン。
毎週のように通っていたから気がついたのか、いや、あくまでもこれは仮説ですが、このカレンダーの並びに注目すると・・・
もともと、ハロウィーンは10月31日だけに行うもの。
これを、9月12日からスタートしているというところから、疑惑が始まる。
8月31日までは夏のイベント。それが終了して、ハロウィーンの準備、衣替えで10日ばかりかかる。
これは普通に考えられる。
そして、9月12日にイベントが始まり、最初の1週間は、全身仮装OK。
次の週には、連休がある。
そして10月頭。ここは休みがないのですが、実際に、ちょこちょこ行っていたので分かったのですが、修学旅行のオンパレード。
ここは、京都の新京極かっ、ってぐらい学生さんたちがうようよいる。(↑例が古い)
そして、翌週、またまた連休。
さらに、連休明けすぐの10月14日(火)、テレビ東京の「ガイアの夜明け」で東京ディズニーリゾートの特集。
そして、そして、お気づきだっただろうか。21日の週から、TVCMでは、「ディズニーハロウィーン、31日まで」に切り替わっているのです。
で、25日からの最後の1週間、全身仮装OK。
もし、私の仮説が正しければ、相当用意周到に、集客戦略を立てた人がいて、みごとにイベント期間中、ムラなく入園者を確保したことになる。
あくまでも仮説ですけどね。
これぐらい緻密に、計算して、実行計画を立てられるようになれば、マーケティングも楽しくなってくる。
もちろん、セールスにだって影響する。
もし、私の仮説が正しければ、やはり、“マーケティングの聖地”であることは間違いない。
ただ一点、この仮説を検証することができないことだ。
もし、事情通の方、関係者の方、真実を教えてください。
もしかしたら、わたしの妄想だけだったりして。
あっ、それだと怖いので、真実はいいです。
仮説のままにして楽しむことにしましょう。
いつもありがとうございます。

関連記事

  1. なぜ、測るだけダイエットで痩せるのか?

  2. ジョブズ氏の知的自転車

  3. Apple Careの素晴らしさ

  4. マーケティングの情報ソース

  5. メルマガの復権

  6. GoogleのCMが意味するもの

  1. 2019.06.24

    社長、営業マンを楽にしてあげましょう!!

  2. 2019.06.17

    人を動かす6つの動機

  3. 2019.06.17

    タイプ別(業界別)戦略設計のポイント

  4. 2019.06.14

    戦略設計はできていますか?

  5. 2017.12.11

    LA Autoshowに行ってきました。

  1. 2015.08.03

    「仕組み」は「感情」で考える

  2. 2015.07.08

    最近、「売れなくなってきた」と思ったら!?

  3. 2015.04.24

    見込客を逃さないために必要なもの