思い込み
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email
081102_1519~0001.jpg

「ツイてないなぁ」「うまくいかないなぁ」という時は誰にでもあると思います。
でも、それを無理やり「引き寄せのなんとかだ」とか、「ポジティブシンキングで乗り越えよう」としたって、絶対に状態は変わらない。
なぜか?
それは、自分が変わっていないから。
何事においても、それが「ツイていない」「失敗ばかりしている」「自分は不幸だ」と思っているのは、自分で思っているだけだからだ。
実は、他人から見れば、「そんなのたいしたことない」と思うことで悩んでいたりする。
逆に自分が他の悩んでいる人を見た時も、そう感じる時があるように。
すべては自分の思い込み。
外のせいにする人は、そこに期待という思い込みがあるから。
「あぁなってくれたらいいのに」「あぁだといいのに」という自分の中での思い込みが、そうなっていない現実に直面した時に、益々、ネカティブな方向に引っ張られてしまう。
じゃぁ、「思いこみを捨てて」とよく言うけど、そんなに簡単に捨てられないし、そもそも捨て方がわからない。
思い込みは捨てるのではなく、角度を変えてあげることが大切。
そこには、感謝が必要。
何か失敗したとしても、「この失敗があったおかげで、この先、同じ失敗をしなくて済むようになる。ありがとうございます。」
何か嫌なことをされたとしても、「何か自分にもそうされる原因があったのだろう。それを気付かせてくれてありがとう。」
何かうまくいかないことがあっても、「この方法ではない違う方法があるということがわかった。ありがとうございます。」
今、何かひっかかっている思い込みがあるとすれば、その捉え方を変えてみることで、感謝してみることで、好転するかもしれない。
実は、今、それを実践中。
思い込みの激しさは天下一品。
それを解きほぐすことができれば、また次のステージに進むことができるでしょう。
思い込みは捨てるのではなく、見方を変えて、感謝すること。
これ大切。
いつもありがとうございます。
———————————————————–
★円滑なコミュニケーションをしたい方向けのセミナー
円滑なコミュニケーションをするには、まず自分がどんな思考の傾向があるかを知ることが大切。
それを知った上で、他人がどのような思考傾向を持っているかに合わせてコミュニケーションをとっていくことができれば、より円滑にお付き合いや仕事などをすることができる。
「自分の思考傾向」がどんなものか知りたいということであれば、ぜひご参加ください。
詳細はこちらをクリック
———————————————————–

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email
関連記事
最近の投稿
アーカイブ
サービスメニュー
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email