三度目の正直

081226_1851~0002(2).jpg

マクドナルドの「クォーターパウンダー」が売れている。
でも、このハンバーガー、日本上陸が今回で三度目ということはあまり知られていない。
過去2回、アメリカでは定番のこの「クォーターパウンダー」は日本に根づかなかった。
その時代背景もあるが、やはりマーケティングに失敗したようです。
その過去の経験を生かしつつ、今回は三度目の正直ということで、満を持して、マーケティングにかなり力を入れて行ってきました。
原宿に、マクドナルドの名前を出さずに、シークレットショップを開店し、口コミ戦略をしかけた。
また、マクドナルドの携帯メール会員に対してだけ、日比谷公園で行うシークレットライブを告知。ここにCMにも出ている北島康介選手がゲスト出演で、盛り上げる。
ここまでは、資金力にモノを言わせた戦術だが、成功要因はここではなく、やはり、マーケティング。
今回の「クォーターパウンダー」を導入するにあたって、徹底的に顧客層を分析。
先に出ていた「メガマック」の層と、定番の「ビッグマック」層の間の中間層をターゲットに絞り、ここに訴求する戦略を組んだのでした。
確かに、今回目につくのが、女性がかなり「クォーターパウンダー」を食べている。
「ビッグマック」や「メガマック」まではいらないけど、普通のハンバーガーよりは、がっつり行きたいという層にハマった形になった。
さらに、これは、Webサイトでの販売にもつながるのですが、すでに気が付いているかもしれませんが、「クォーターパウンダー」が販売されているお店では、「メガマック」を売っていません。
返って、お客様のチョイスが増えることで迷ってしまうこともあり、行動経済学上、チョイスが増えると人は“いつもの”を買うようになる。
そうなると、目玉の「クォーターパウンダー」が売れなくなる。
さらに、お店に行かれたらわかると思いますが、頭上のメニューには大きく「クォーターパウンダー」だけが分けられて掲載されている。
そのセット、A、Bと大きく掲げられています。
また、ここにもミソが。
通常、順番で考えると、Aが先で、Bがその次。
でも、セット内容をよく見ると、Aがダブルで、Bがシングルになっている。
普通で考えれば、Aが普通で、Bがアップグレードのもの、となりがちですが、今回はそれが反対になっている。
注目をそこに向かせることで、あくまでも「クォーターパウンダー」を販売していこうという徹底した戦略であると思います。
Webサイトでモノを販売する場合も、今回の事例で参考になるのは、「選択と集中」、そして「比較表示の仕方」。
何でもかんでも、Webサイトに掲載しておけば売れるということではく、キャンペーンなどとうまく組み合わせて、さらに、「選択と集中」で、マーケティング対象を集中して販促をかけていく。
マーケティングの王道というべき、セオリーをきちんと行っている戦略が功を奏している、ベストプラクティスだと思います。
得意な分野、売れ筋商品、利益率の高い商品に絞って販売戦略を立てていく、これが今の時代に対応したマーケティングです。
いつもありがとうございます。
みんなハッピー♪

関連記事

  1. Googleショッピングが日本オープン

  2. 「いつもと違う」思考法で現状を改善する方法

  3. グルメバーガー戦争勃発中

  4. “取りこぼし”が売上を作る!?

  5. Facebookページのタイムライン化対策

  6. 雨の日のサービス

  1. 2019.06.24

    社長、営業マンを楽にしてあげましょう!!

  2. 2019.06.17

    人を動かす6つの動機

  3. 2019.06.17

    タイプ別(業界別)戦略設計のポイント

  4. 2019.06.14

    戦略設計はできていますか?

  5. 2017.12.11

    LA Autoshowに行ってきました。

  1. 2015.08.03

    「仕組み」は「感情」で考える

  2. 2015.07.08

    最近、「売れなくなってきた」と思ったら!?

  3. 2015.04.24

    見込客を逃さないために必要なもの