選択と集中

今、日本に限らず世界中が不況の渦の中に巻き込まれていますが、こんなときこそ、辛抱強く生き残っていくためには、特に中小規模の企業に必要なことは、「選択と集中」です。
また、今の時代、Webサイトでビジネスを行っていく上で、また、既存のWebサイトを有効に活用していく上で必要なことが、この「選択と集中」になる。
インターネットユーザーの欲求の多様化が、検索エンジンの高度化を招き、同時に、ユーザーの検索能力までもが向上しました。
これは先のブログ記事でも紹介しました。
こんな時代、こんな流れであればこそ、今必要なのは、自社の中でも売れ筋の商品、または利益の高い商品、売り易い商品に、会社のリソース(人、モノ、金)をそこに集中していくことが重要なポイントになります。
最近、経済の面で注目されているフィンランドにある、世界的携帯電話メーカーとして有名なノキア。
ノキアの携帯は、日本の市場には一部しか入ってきていないので、あまりよく知られていませんが、ノキアは世界の携帯電話市場の約40%という圧倒的なシェアを誇っています。
でも、このノキア、元々は長靴などを製造しているゴム製造会社でした。その後、電気通信やパソコン、テレビ受像機などに事業多角化して行くも、1990年代に入って業績が悪化。
そこで、現会長のヨルマ・オリラ氏が社長に就任するやいなや、携帯電話と通信設備事業に事業リソースを集中し、その他の分野からは撤退をします。
「選択と集中」です。
さらに、集中をした携帯電話、通信設備の分野において、世界で最初にデジタル通信に着手。これが、見事に世界市場に取り入れられ、復活の起爆剤となりました。
苦しい時にこそ、また厳しい環境の中でこそ、自分の得意とする分野、利益率の高い分野、将来性が期待できる分野に、リソースを集中していくことが大切であるという好例でした。
Webマーケティングの世界でも同じことが言えます。
Webサイトを作って、「あれもこれも載せておけば、売れるかも」「何とか掲載していれば、購入される確率もあがるだろう」という時代はもう終わっています。
お客様のニーズは多様化し、また検索エンジンの高度化により、ピンポイントで欲しいものを探しにやってきます。
できるだけ、そうしたお客様を獲得していくためには、自社の商品の中でも効率的に販売できるもの、利益率の高いもの、また、販売しやすいものに「選択と集中」をしていくことが、今の時代に合ったマーケティング戦略になります。
どうしても気持ち的には、「あの商品も売りたい」「この商品も」となりがちですが、眠っているWebサイトを再生させるには、また、既存のWebサイトでの販売効率を高めるためには、「選択と集中」が、浮揚の要になります。
自社の商品、サービスの中で、主力商品、また利益率の高い商品が何であるのかを絞り込み、それをWebサイト中心に販売していく戦略を組むことをお勧めします。
いつもありがとうございます。
みんなハッピー♪

関連記事

  1. Facebookを活用したブランディング戦略

  2. 新年の目標を達成しやすくなる方法

  3. 今だから顧客定義を見直す

  4. Google Analyticsでサイトの現状分析をするポイ…

  5. Yahoo!とGoogleが提携!?

  6. 売上目標を達成させる9つのポイント

  1. 2019.06.24

    社長、営業マンを楽にしてあげましょう!!

  2. 2019.06.17

    人を動かす6つの動機

  3. 2019.06.17

    タイプ別(業界別)戦略設計のポイント

  4. 2019.06.14

    戦略設計はできていますか?

  5. 2017.12.11

    LA Autoshowに行ってきました。

  1. 2015.08.03

    「仕組み」は「感情」で考える

  2. 2015.07.08

    最近、「売れなくなってきた」と思ったら!?

  3. 2015.04.24

    見込客を逃さないために必要なもの