商売繁盛12の心得
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email

PHP出版から緊急発刊で、経営の神様・松下幸之助氏の本2冊が書店に並んでいます。
100年に一度の大不況と言われる今だからこそ、松下幸之助の理念で乗り越えてほしいということからの緊急発売になったそう。
両書とも、音声CD付きで500円。もの凄くお得。
それだけに、PHPが売上というより、理念を多くの人に知ってもらいたいという想いがここに見える。
ぜひお手元に。
商売繁盛12の心得
「ファンをつくるかつくらないかということが成功の秘訣」
「一軒のお得意を守りぬくことは百軒のお得意を増やすことになる」
「サービスを伴わない商売はもはや商売ではない」
「当たり前のことを適時適切に実行するというところにこそ、商売なり経営の秘訣がある」
「懸念のあるもの、確信のないものは断固として売らない」
「扱っている商品というのは、いうなれば長いあいだ手塩にかけたわが娘や。
その商品を買うてもらうというのは、自分の娘を嫁にやるのと一緒」
「こちらがお得意先をお訪ねし、積極的にお勧めして需要を獲得していくということが
非常に大切になってきている」
「企業には適性な利潤を確保する義務がある」
「成功するためには、成功するまで続けることである」
不況に克つ12の知恵
「経営には無限の進め方があり、やり方に当を得れば必ず成功する。
不況であろうと、成功に至る道はいくらでもある」
「世間がいかに不景気であろうと、いかに経済が困難であろうと、
やるべき仕事は無限と申していいほどある」
「不景気になっても志さえしっかりともっていれば、それは人を育て、
さらには経営の体質を強化する絶好のチャンスになる」
「時を得なければ休養して時を待つ」
「繁栄はあっても不況はない。好況があっても不況はない」
「多くの人の知恵を集めてやるに如くはない」
「原因はすべてわれにあり、という思いに徹してこそ、失敗の経験も生かされ、
成功への道がひらけてくる」
いつもありがとうございます。
みんなハッピー♪

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email
関連記事
最近の投稿
アーカイブ
サービスメニュー
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email