プロアクティブ

090425_1426~0002.jpg

にきびや肌荒れの人には、救世主的な存在であるプロアクティブ。
アメリカでも流行っていたのですが、日本でもどんどん認知度が上がって、だいぶ浸透してきました。
最近では、プロアクティブの自動販売機まで登場して、より身近になりつつあります。
やはり通販のプロがやっているだけあって、ダイレクトレスポンスマーケティングに関して、結構勉強になる。

常に、60日間お試しキャンペーンを行っていますが、ここに妙があります。
今、お客様の声のCMも展開しているのですが、実はこのCM、各地域でその地の“方言”で作られているのです。
先日、大阪に行った際、東京で見た同じCMが、関西弁でやっていました。
「めっちゃ、助かるわ~」「ほんま最高」など、ご当地CMになっていました。
特にCMなどは、いかにキャッチされるかどうかが鍵なので、こうした地元の言葉で訴求することは大切なマーケティング戦略になります。
どこかの知事も市長も、地元の言葉で語ることで、地域住民との距離を縮め、選挙に勝ったり、行政に協力、理解してもらったりなど、地元愛に訴える戦略が講を奏しています。
日本各地、それぞれの特色はありますが、地方に行けば行くほど保守的で、「東京の言いなりにはならない」というスタンスもあったりします。
郷に入れば、郷に従え。
その地域の人が何を考え、何を求めているかにもっと耳を傾け、地元に溶け込む、地元を理解する姿勢で臨むと、もっとビジネスがしやすくなります。
そのひとつが、「使う言葉」だったりします。
ホームページも、閲覧している場所ごとに、キャッチコピーなどがその地方の言葉に変換できる機能があれば、便利なんですけど。
そのうち誰かが開発してくれることでしょう。
ダイレクトレスポンスマーケティングの雄に学ぶことはたくさんありますね。
いつもありがとうございます。
みんなハッピー♪

関連記事

  1. Google Analyticsがデザインリニューアル

  2. 「レビュー機能」を集客に賢く使う

  3. お客様の目はどこを見ているのか?

  4. メルマガの反応率と転換率を高める方法

  5. 【新機能】Facebookの「フィード購読」

  6. メルマガで何を書けばいいのか?

  1. 2019.06.24

    社長、営業マンを楽にしてあげましょう!!

  2. 2019.06.17

    人を動かす6つの動機

  3. 2019.06.17

    タイプ別(業界別)戦略設計のポイント

  4. 2019.06.14

    戦略設計はできていますか?

  5. 2017.12.11

    LA Autoshowに行ってきました。

  1. 2015.08.03

    「仕組み」は「感情」で考える

  2. 2015.07.08

    最近、「売れなくなってきた」と思ったら!?

  3. 2015.04.24

    見込客を逃さないために必要なもの