幸せの氣づき

来年の運気をアップさせる大掃除術

IMG_0961.JPG

今年ももう終わりということで、来年の運気をアップさせる大掃除についてのお話をしたいと思います。
一年の汚れを落としたり、机周りを整理したりなど、この辺りは、通常行うことなのですが、新年と言っても来週だから、ちょこちょこと終わりにしてはいけません。
来年の運気を上げたいということであれば、掃除+机のレイアウトを見直しましょう。
もし、机が壁につけられていて、椅子が部屋の中央(空いている空間)に背を向けていると、背後が空ができているので、不安感が続き、落ち着かないと言われています。
また、背中の方向に入り口のドアに向かっていると、運気そのものが流れてしまうので、この機会に机の位置を確認しましょう。
部屋を有効活用しようとすると、どうしても机を壁につけて、背中が部屋の中央に向きがちなのですが、ここは運気アップということで、背中は壁に、机は部屋の内向きにするように変更しましょう。
どうしても、机の位置が変えられないけど、背中が部屋の中央に向いているということであれば、背もたれの長い椅子に座るようにしましょう。または、パーテーションなどを背中に置くなどして、運気が出て行ってしまうことを予防しましょう。
よくよく考えてみると、社長室のレイアウトを考えてみると、確かに壁や窓を背中にして、机は部屋の内向きになっていますよね。
厳密に言うと、背後に窓もあまりよくないので、できるだけ、壁や本棚を背中にするようにすると良いようです。
特に、背中が部屋の入り口、または、内向きになっていないかどうかを確認して下さいね。
それから、来年の運気をアップさせる大掃除することといえば、神社にお参りに行くことです。
というのも、年明けをする前の今が、絶好のチャンスです。
もちろん、日ごろから通われるのが良いのですが、新年になってしまうと、初詣ということで、境内が、多くの人の念のこもった状態になってしまうので、本当はあまりよくないです。(神様も一気に処理できないでしょう)
それよりも、新年になる前の、大晦日、または、その前の日あたりに行くのがベストです。
なせなら、初詣に備えて、神社がきれいに掃除され、気も整えられているので、行くだけで気持ちよくなる状態になっています。しかも、まだ誰もいないので、ゆっくりお参りすることができます。
で、お参りに行かれたら、お願いをするのではなく、今年一年の感謝をお伝えしましょう。
大きな病気や怪我、災いがなかったこと、家族みんなが健康に過ごせたこと、今、ここに来れていることなど、この一年の感謝の気持ちをお伝えしに行きましょう。
これで、心の中の大掃除も完了です。良い気をいっぱい吸い込んで来て下さい。体も浄化されます。
新年のお参りは、三箇日に行かなければいけないわけではなく、明けてから落ち着いた頃にゆっくりとお参りに行かれると良いです。神様もお忙しいですからね。
私はいつもそうしています。
もし、来年が厄年の方は、新年早々に慌てていかなくても大丈夫です。本当の新年は、節分からなので、一月中の空いている時に行くのがベストです。
でも、厄払いだけでなく、神事ものは、早い分には構わないのですが、過ぎてしまってはいけないので、期日内に済ませておくことが大事です。
お忘れなく。
ということで、仕事部屋や心と体の大掃除を兼ねて、来年の運気アップを目指して下さい。
そして、良いお年をお迎え下さい。
いつもありがとうございます。
Facebookを始めました。こちらからお友達申請して下さい。
記事が参考になったら、「いいね」ボタンをクリックして下さいね。

関連記事

  1. 一期一会
  2. 健康の値段
  3. 社長会で得た気づき
  4. 早起きは三文の得
  5. 過去のしがらみ
  6. 最後のパレード
  7. 失望と落胆
  8. ビジネスで成功するもう1つの大事なこと

オススメ記事

トレンド・ビジネスアイディア

PAGE TOP
Show Buttons
Hide Buttons