fbpx
集客を5倍に増やす方法
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email
Facebook-Timeline.png

先週は、まさに「facebook祭り」でしたね。
先週のはじめに、投稿のプライバシー設定の変更があったなぁと思ったらすぐに、新機能「フィード購読」の登場。
そして、週末に開催された開発者向けのカンファレンス「f8」での新機能の発表。
目まぐるしい1週間でした。
ただ、問題は、そうした新機能が追加されたとしても、それをどうビジネスにつなげるのか?その前に使いこなせるのか?という疑問が出てくると思います。
これは、毎回、新しいサービスや機能が登場する度に出てくる悩み、疑問ですよね。
ただ、これも毎回決まったことでもあるのですが、考え方のポイントは1つだけ・・・。
その先にいるお客様は、「どういう(心理)状態なのか?」です。
そのために、このサービスや機能をどう使うのかが決まります。
これもいつもお伝えしていることですが、周りが使っているから、流行っているから使うのではなく、その先にいらっしゃる、あなたが相手にしたいお客様が求めている情報を届けることができるのか。
その次の行動(アクション)につなげることができるのか。
逆に言えば、そうした外部サービスを使う場合、その先の導線がつながっていることで、発信する情報が変わってくるのです。
例えば、facebookで「今日のランチで○○を食べました」だけで、相手にしたいお客様を、御社のホームページに誘導し、商品やサービスを購入して頂けるでしょうか?
もちろん、そうした情報がダメというわけではありません。
あなたの内面を知ってもらうために、また、感性を共感してもらうために必要な情報ではありますが、それだけでは、ビジネスにはつながりにくいでしょう。
ということは、そうした感性を公開する情報を発信すると同時に、よりあなたのビジネスに関する情報を発信することで、もっと自社サイトに誘導することが可能になります。
つまり、
「自社サイトに誘導することを前提に情報発信する」ということです。
ただ、勘違いしないで欲しいのは、「今ならキャンペーンで安くなっています。こちらをクリック」というのを、facebookで発信しても、それは反応はしません。むしろ、嫌われます。
そうした情報発信+誘導ではなく、対象となるお客様が欲しがっている情報を、まず、ホームページやブログに掲載した上で、それを、twitterやfacebookで公開したことを告知し、誘導します。
まず先に、お伝えしたい情報コンテンツを自社サイトに掲載した上で、告知誘導することが、SNS活用の肝になります。
その中で、最も効果の高い方法があります。
実際、私自身が実践してみたところ、アクセス数がこれまでの5倍に跳ね上がり、その後も受注につながりました。
そのアクセス数が5倍に跳ね上がった方法とは・・・
ズバリ「動画」です。
動画と言っても、何も難しいことではありません。
いろいろと高度な編集技術が求められる方法もありますが、私がお伝えしたいのは、今お手持ちのビデオカメラやデジカメの動画撮影機能、もしくは、パソコンのウェブカメラでも十分なレベルのものです。
とにかく、カメラの前に登場し、情報をお伝えする。それだけです。
テキストでお伝えするよりも、数倍、いや数十倍の情報伝達力(=分かりやすさ)があります。
実際、私のクライアント様で、学習塾を経営している会社様がいらっしゃいます。
その会社様では、センター試験対策用の学習DVDを販売しているのですがそのダイジェスト版、また解説版のビデオをYouTubeにアップしています。
そこで、私の方でこの解説ビデオを使っての顧客導線を作られることをアドバイス差し上げました。
昨年のセンター試験直前は、積極的にそのビデオへの誘導などを行い、それはそれで成果が出たのですが、まだまだ先である今の時期、特段、YouTubeにそのままアップしているだけで広告などは打っていないのですが、今でも検索され売れています。
もちろん、そのDVD販売専用のランディングページを設けているのですが、そこは集客用というより、決済用として存在しているだけで、集客はこのYouTube動画からやってきます。
というのも、YouTubeは、Google傘下のサービスなので、検索結果に出て来やすいのです。
ちなみに、「センター試験 現代文」で検索すると、そのビデオを見ることができます。
このビデオでお話している内容を、文字にしてお伝えしようとすると、恐らく相当高度なライティングスキルを必要とすることになると思います。
なぜか?お分かりになりますか?
テキストでお伝えすることができるのは、商品やサービスの中身だけで、それを販売している、提供している人までは説明しきれないからです。
「この人であれば信頼がおけるな」
「この人なら大丈夫そう」
「顔出ししているから安心できる」
「声や口調などに自信が感じられる」

と言った、テキストでは“絶対にお伝えすることができない情報”を、お伝えすることができるからに他ありません。
実際、先週の水曜日に開催されたセミナーにゲスト講師としてお話をしてきたのですが、その直前に配信したfacebook関連の説明ビデオを公開しましたが、そのビデオを見て参加を決められた方が数名いらっしゃいました。
また統計的にも、その前の週などに配信したメルマガのアクセス数よりも、ビデオに誘導した場合、5倍以上のアクセスがあり、今回の結果を得ることができ、「動画」の威力を改めて痛感しました。
今後の情報発信において、「動画」を使われることを強くお勧めします。
私がお勧めしたいのは、とにかく「動画」で$atenalastname$さんがお伝えしたい情報を配信し、それをfacebookなどで公開、その動画を掲載しているブログやホームページに誘導するということです。
きれいな、完璧な動画を作る必要はありません。
今、配信されているブログ記事、メルマガ記事を動画にして発信してみてください。
もし顔出しが恥ずかしいということであれば、音声でも良いです。
これも以前、私がアメリカで、地元の日本人向けのラジオに呼ばれて、お話した音声ファイルを公開したところ、「会ってみたい」「今までのメルマガを読み返しました」という、これまでにない反応を得られたというお話をしたことがあります。
音声でも効果は絶大です。
最近では、音声をYouTubeにアップするように加工してくれるサービスもありますので、簡単に公開することができます。
ここからが肝心ですので、よく聞いて下さいね。
最近のインターネット上のお客様は、「文字(テキスト)離れ」が著しいです。
そして、これまで通用してきた、当たり前だと思われてきた1ページが長いランディングページ、セールスページ(レター)は読まれなくなってきました。
なので、私も徐々に、情報を動画に切り替えています。
あなたも、いやどんな業界であっても、これからは情報を動画で発信することを強くお勧めします。
とはいえ、どうしたら簡単に動画配信できるか?ですよね。
どのように動画を配信すればいいのか。これまで私が行ってきた方法をお伝えしますね。
考えてみたら、まだアメリカにいた2007年当時、まだサービス開始直後のユーストリームで、日本向けにウェブセミナーを行っていました。
いつも早すぎるんですよね。
2005年当時から、動画による情報配信には注目していました。
ようやく時代が追い付いてきた(?)みたいです。
次回は、そうしたこれまでの経験から、できるだけ簡単に、かつ無料で動画配信できる方法についてお話したいと思います。
もちろん、そこからどうビジネスに結びつけるのかも、お話したいと思います。
いつもありがとうございます。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email
関連記事
最近の投稿
アーカイブ
サービスメニュー
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email

現状のウェブサイト、これから作るウェブサイトを機能させたいと言うことであれば、まずはお問い合わせ下さい。

マイレア・コンサルティング
〒279-0042 千葉県浦安市東野1-27-1 405
LA: 18818 Teller Ave. Suite 210, Irvine, CA 92612

© Copyright 2020 Mailea.com All Rights Reserved.