マーケティング

情報発信で集客を実現する3つの要素

スクリーンショット 2012-01-11 14.54.11.png

お正月休みも終わり、本格始動されていることと思います。
さて、私のクライアント様は、この年末年始も休まずに、集客やセールスの為のインターネット上でのアクションを起こし続けていました。
特に、facebookなどのソーシャルメディアでの情報発信から、自社のブログやホームページに誘導し、集客や受注などの成果を上げてきました。
ここで、確信したことがあります。
facebookページなどのソーシャルメディアも含めて、発信する情報を相手にしたいお客様が欲している情報を的確に発信することで、それに反応頂き、そこから、自社メディアへの誘導ができているということです。
ただ、あなたが持っている情報を発信すればいいというわけではありません。
そうしたメディアでの情報発信において重要なことは、まずは、目的を明確にすること、つまり、今回の情報発信において、どういう結果を得たいのかによって発信する情報=相手にしたいお客様が欲している情報が異なってきますので、その目的によって、情報が変わって来ることになります。
ですので、まずは、今行うキャンペーンで何をゴールとするのかをまず明確にすること
そして、そのゴールに向かわせるお客様が誰であるのか、どういう情報を求めているのかを考え、それに合わせた情報発信をしていくことになります。
さて、そう考えると、今、facebookで今日食べたランチのお話や今起きているニュースの解説が、相手にしたいお客様が欲している情報に合致しているでしょうか?
恐らく、そのようなことはないと思います。
集客やセールスを目的とするには、いや、せっかく発信する作業を、集客やセールスに活かす為には、発信する情報を、自分が相手にしたいお客様が欲している情報に集中し、そこからの導線を、自分のメディア(ブログ)やホームページに引きます。
そして、何より重要なのが、1回やそこらの情報発信だけで、目的が達成されるものではないということです。
目的達成させる情報発信には、3つの要素が必要です。
1つ目は、
発信される情報が、お客様にとって有益なものであること。
2つ目は、
その情報の信憑性があるということ(あると思って頂くこと)。
3つ目が、
その情報が次の行動を促すものであること。
この3つの要素を含まれている情報を発信するには、1回だけの発信では無理で、数回の情報発信の中で積み上げていくことで、初めて、目的達成につながっていくものになります。
そのために、キャンペーンなどの目的が先にあり、その目標達成のために、どのような情報を、段階的に、どのように発信していけば良いのか。上記の3つの要素を考えながら、構成していくことになります
これが、以前よりお話している、キャンペーンプランニングであり、その実行計画表であるタイムラインになります。
話は、冒頭に戻りますが、この年末年始に、情報発信によって成果を上げられているクライアント様は、もちろん、今のこのタイミングであるからこそ動くお客様を対象にしていることもありますが、それを含めたキャンペーンの計画を立て、情報発信による啓蒙と、自社サイトへの誘導で、成果を上げることができています。
私の言うところのfacebookの使い方というのは、巷で公開されているものとは、ちょっと異なります。
今日お話したポイントを理解して頂き、実践して頂けると、今後、あなたの目標達成するための情報発信の方法も変わってくると思います。
ただ、一番のポイントは、やはり「タイムライン」です。
目標達成のために、どういう情報を、どういうタイミングで発信していけば良いのか。これが、目標とズレてしまっていると、なかなか成果を得られません。
サイト分析&戦略設計パック」のゴールドコースでは、私の方で、あなたのキャンペーン展開される際のタイムライン作成も行います。
上述のとおり、ただ持っている情報を、facebookなどで垂れ流すのではなく、目標達成のために、そこに誘導していくための情報を計画し、発信していく必要があります。
この点を知らないまま、facebookなどで情報発信している人が本当に多いので、何とか早めに気づいて、思う成果を得て頂きたいと思います。
サイト分析&戦略設計パック」は募集中です。下記のページよりお申し込み下さい。
→ https://www.mailea.com/GApack.html
※タイムライン作成までを行うのは、「ゴールドコース」になります。何か新年のキャンペーン展開をお考えであれば、「ゴールドコース」でお申し込み下さい。
いつもありがとうございます。

関連記事

  1. 検索結果上位が本当に「集客」につながるのか?
  2. メルマガの復権
  3. メルマガの文章力をアップする方法
  4. 「自動化する」という本当の意味
  5. ハイブリッドサイトにするメリット
  6. Yahoo!サイトエクスプローラーが終了になりました。
  7. ホームページをブログ化するメリット
  8. エントリーモデル戦略思考

オススメ記事

トレンド・ビジネスアイディア

PAGE TOP
Show Buttons
Hide Buttons