マーケティング

マーケティングを次のレベルに上げるには?

さて、ここ最近では、いわゆるインターネットマーケティングに使えるツールというものが、ある程度、落ち着いてきた感があります。

 

目新しいソーシャルメディアもなくなり、今やtwitterやfacebookが、ソーシャルメディアの中心にあり、それに加えて、自社メディアとしてブログ、メルマガ、ウェブサイトと言った定番に落ち着いてきています。

 

それに加えて、集客ツールとしてのキーワード広告、それから、自身の工夫としてのSEO対策などがありますが、それらもすべて準備されていることと思います。

 

それでも、何故、結果が出ないのでしょうか?

 

あれもこれも(流行っているものを)やっているにも関わらず、何故、思う結果が得られていないのか?

 

また、今まで以上に伸び悩んでいるのは何故なのでしょうか?

 

その答えは明白です。

 

お客様は市場の成長とともに進化しており、売り手である私たちがそこに気づき、成長していかない限り、今までの以上の成果を手にすることができません。

 

インターネットでビジネスをしていくということは、インターネットにアクセスしている方をお客様としてビジネスをしていくことになります。

 

これだけ、数多のウェブサイトや情報が渦巻く中で、あなたの商材を見付け出し、購入へと誘導するためには、相当の工夫が必要になります。

 

では、どんな工夫が必要なのでしょうか?

 

その答えが「お客様」にあります。

 

これまで私が、前職の頃から言い続けてきていることなのですが、まだまだ私の力不足で、ご理解頂けていない方がたくさんいらっしゃるのですが、マーケティングの基本とは、その名のとおり「お客様を知ること」にあります。

 

「お客様を知り、それに合わせて変化していく」ことが、今の時代のビジネスにおいて非常に重要なポイントになります。

 

「お客様を知る」というのは、どういうことなのか?

 

お客様の素性を知るということではなく、あなたが相手にしたいお客様がどのようなことを知りたいと思っているのか、そして、実際、様々なツールを使っていることと思いますが、それぞれのメディアにおいて、どのような反応をしているのかを知ることになります。

 

あなたは、ご自身がfacebookページで投稿した記事にどのような反応があったかを把握していますか?

 

YouTubeにアップした動画が、どれぐらいの方に見られているのか、いつ見られているのか把握していますか?

 

ブログ記事から、またメルマガからどれだけの人を次のステップに誘導することができていますか?

 

ご自身が「これはぜひ読んでもらいたい」という記事(コンテンツ)がどれだけのお客様に読まれていますか?

 

そして・・・

 

その結果を踏まえて、記事の内容やページ構成の見直し、メニューやバナーの位置の改善などの工夫を、“すぐに”行う体制ができているでしょうか?

 

使うメディアやツール、そして、その使い方などは把握されていると思います。

 

しかし、最も重要なことは、そこにいらっしゃるお客様の動きを知り、それに対して、メディアやコンテンツ、デザイン、構成、戦略などを臨機応変に適用していくことが、特に、インターネットビジネスにおいて非常に重要な要素になります。

 

いろいろな情報源から、facebookの使い方、ブログ、メルマガの書き方などを学ばれ、実践されていることと思います。

 

次に大切なことは、その発信したコンテンツの売上などの結果につながっているかどうかの検証を行い、ビジネスの流れ全体の最適化をしていく必要があるということです。

 

あなたが思われる結果を得るためには、次のステージに進む必要があります。

 

それは、各種ツールの使い方の次、自分が行った施策の検証とそれに対するお客様の反応に応じた、戦略も含めた最適化を行っていくということです。

 

「お客様に合わせる」ということは、お客様の言うことを聞くということではなく、お客様の反応に応じて、さらに、より良く御社の商材について知って頂く機会を増やしていくということです。

 

「ウェブサイトのここに書いてあるから読んでくれるだろう。」

「メルマガでこういう情報を発信したから理解してくれるだろう。」

 

という淡い期待で判断するのではなく、実際のお客様の反応を測定し、その行ったことの検証をしていくことが大切です。

 

あなたには、その体制ができていますでしょうか?

 

その反応を測定する方法、ポイント、そして、その分析方法はご存知でしょうか?

 

これについては、かなり深くなりますので、また次回以降にお話をしていきたいと思います。

 

よろしくお願いします。

 

もし現状、何かご不明な点、気がかりに思われている点などございましたら、お気軽にご相談下さい。

 

扱っている商材や相手にされているお客様、また、地域や市場によって、その対処法は変わってきます。

 

この業界の場合は、というものに当てはまらないこともあるのは、このためです。

 

何か気がかりに思われていることがあれば、ぜひ一度ご相談下さい。

 

初回のご相談は無料です。

 

お問い合わせはこちら↓

https://www.mailea.com/inquiry.html

 

お待ちしております。

 

関連記事

  1. 見込客を逃さないために必要なもの
  2. 返信メールで受注率を上げる方法
  3. 顧客導線の「見える化」をしよう!
  4. ソーシャル・スマホ時代の新・商いの設計図
  5. 新・商いの設計図【無料ダウンロード】
  6. 売上目標を達成させる9つのポイント
  7. Facebookページが突然閉鎖されないために注意すべきこと
  8. ホームページをブログ化するメリット

オススメ記事

トレンド・ビジネスアイディア

PAGE TOP
Show Buttons
Hide Buttons