マーケティング

ブログ記事をFacebookで拡散してもらう方法

likes-inside-facebook-insights

ご自身のブログの各記事、また、ウェブサイトの各ページにfacebookの「いいね」ボタンを設置していますか?

 

facebook上での情報発信だけでなく、自分の持っている媒体(ブログ、ウェブサイト)にも「いいね」ボタンをクリックしてもらい、その情報をお客様のお友達にも拡散していく施策を取りましょう。

 

私のクライアント様をはじめ、いろいろなウェブサイトを見回しても、まだまだ「いいね」ボタンが設置されていないところがほとんどです。

 

でも実は、このウェブサイトやブログへの「いいね」ボタンは、非常に“口コミ効果”が高いので、ぜひとも設置されることをお薦めします。

 

「いいね」ボタンをウェブサイトやブログに設置すると、具体的にどのような動きになるかと言うと・・・

 

→ 実際には、facebook上の記事に対する「いいね」は拡がるというよりは、「いいね」してくれた人との関係性が深まり、その人のタイムラインに表示されやすくなるためには有効で“口コミ情報伝播”とは異なります。

 

→ facebook内に投稿された記事の「いいね」クリックは、あまりお友達には、その記事を「いいね」したことは伝わりません。クリックした人の“アクティビティログ”には掲載されています。

 

→ それに比べ、facebook外のブログやウェブサイトに設置した「いいね」ボタンがクリックされると、その人の“タイムライン”に掲載されるようになるので、そのお客様のお友達に、御社の情報が知られる(目に付く)機会が増えます。

 

なので・・・

 

御社のブログ記事ページ、ウェブサイトの各ページには必ず「いいね」ボタンを設置するようにします。

 

その「いいね」ボタンをクリックしてくれたお客様のタイムラインには、御社のブログ記事やウェブサイトの情報が掲載されます。

 

ということは、それを見たお客様のお友達の中から、御社のブログやウェブサイトに訪問される方が出てきます。

 

ここで重要なのは、訪問された新しいお客様にも情報拡散して頂くために「いいね」ボタンをクリックしてもらうしかけを用意する必要があります。

 

例えば、「記事を読まれて良かったら「いいね」をクリックして下さい」と言うように、“お願い”をしてみて下さい。

 

さて、

 

→ このサイクルが周り始めると、facebookページで投稿された記事に対する「いいね」の数よりも、ブログやウェブサイトに設置した「いいね」の数の方が圧倒的に多くなってきます。

 

→ これは、その「いいね」ボタン経由で誘導されてきたお友達とそのお友達が御社のブログをブックマークする人が増えるので、facebook上だけで情報を見ている人よりも、関係性の深いお客様が獲得できていることになります。

 

というのも、私のクライアント様でこれを実践されて方の例なのですが、「いいね」をクリックできるのは1人1回なので、facebookページ上の記事の「いいね」の数(ファンの数)よりも、ブログなどの記事ページの「いいね」の数の方が、それを上回っていたからです。

 

つまり・・・

 

これは、facebookページのファン以外の方がブログに誘導され、記事を読み、「いいね」をクリックしてくれていることを意味しています。

 

ここでポイントになるのが・・・

 

facebook→ブログ→ウェブサイトの連携ができているかが大きなカギになります。

 

またここで重要なのが、誘導先であるブログやウェブサイトにおいて、訪問されたお客様に、“次のアクションを起こしてもらうしくみ”を用意しておくことです。

 

見込客にするための無料オファーや資料請求、また、商品説明のページへの誘導など、その記事との連動した次のアクションへの導線を用意します。

 

以上の流れを【図解】したものがこちらになります↓

 

https://www.mailea.com/GApack.html#facebook

 

facebookからの誘導導線、そしてページ上での「いいね」から、また、facebookに戻して、お友達(お客様)のお友達に、御社のサイトの存在を知らせることができているかを確認してみて下さい。

 

まずは、御社のサイトやブログに「いいね」ボタンを設置することから始めてみて下さい。

 

この「いいね」ボタンの設置による集客戦略も含めて、現在の御社の情報発信媒体の整理、ウェブサイトへの誘導導線などの分析を行い、今後のマーケティング戦略についてご提案する「サイト分析&戦略設計パック」を受付中です。

 

https://www.mailea.com/GApack.html

 

情報発信戦略の見直しをされるのであれば、お手伝い致しますので、ぜひご活用下さい。

 

https://www.mailea.com/GApack.html

 

お待ちしております。

 

いつもありがとうございます。

 

関連記事

  1. ホームページをリフォームする
  2. 動画の活用は本当に必要なのか?
  3. 反応率を高める情報の種類
  4. Facebook広告で成果を出すために
  5. 動画マーケティングの勘違いと正しい対策
  6. 【新機能】Facebookとtwitterの公式連携機能が登場
  7. 効果的な情報発信術
  8. Facebookのカバー写真はプロにお任せしましょう。

オススメ記事

トレンド・ビジネスアイディア

PAGE TOP
Show Buttons
Hide Buttons