マーケティング

新年の目標を達成しやすくなる方法

新年明けましておめでとうございます。

 

お正月はいかがでしたでしょうか?

 

今日のこの原稿は、アメリカ・ラスベガスのホテルで書いています。

 

インターネットとWiFiの普及で、どこにいても仕事ができる便利な時代になりました。

 

本当に感謝感謝です。

 

さて、今年の目標は立てられましたでしょうか?

 

アメリカでも、年初に一年も目標を立てます。これを“New Year Resolution”と呼び、その立てた目標を周りの人(同僚や家族)に発表・共有することで、その目標を達成しなければいけない状況に自分を置きます。

 

なので、より目標に対して意識するようになり、その目標達成のための行動を無意識のうちに取るようになります。

 

ちなみに、New Year Resolutionの「Resolution」は、「決意・決断」という意味になります。

 

目標をただの“願望”の目標にしていると、なかなか達成できませんので、これを「決意・決断」レベルにあげるのです。

 

これを第三者と共有することで、その目標が自分の中にインプットされ、より達成しやすくなるのです。

 

日本の方でも、その“真理”を知っている人は、facebookやブログなどでご自身の目標を公開されていると思います。

 

そうすることで、「達成する確率が上がる」と知っているからです。

 

成功者だけが知っている法則なのかもしれません。

 

ということで、私も目標達成したいので、今年の“New Year Resolution”を発表したいと思います。

 

1.体重を70Kg台を切るようにダイエットを行う。(糖質制限)
2.新しいビジネスの基礎固めを行い、夏までに本格始動するようにやる
べきことをやる。

3.棚上げしてきた案件の優先順位を上げ、完遂する。

4.関係するすべてのお客様が悦んで頂ける情報やサポートを惜しみなく
提供する。

5.家族や友人、お客様に感謝の気持ちを素直に伝える。

 

以上の目標・行動を、今年は実行に移していきたいと思います。

 

ちなみに、

 

今年、初詣に行かれた時、「絵馬」は買われましたでしょうか?

 

今年は午年なので、余計に絵馬の力が強い年になりそうですが、絵馬には、決して「願望」を書いてはいけないということを知っていましたか?

 

「願望」書いたからダメ、不幸になるということではなく、より確実にお願い事を成就させるためには、絵馬には、上記のような目標、もっと言うと決意表明を書くことで、より目標達成率が高まります。

 

これは、New Year Resolutionの効果と一緒ですね。

 

第三者に自分の目標を共有することで、その所有者であるあなたが、その目標に対しての責任を持つようになります。

 

さらに、神様にも宣言したことで、その責任を果たすべく目標達成に向かって行動するようになります。

 

なので、絵馬には、「○○しますように」というお願い事を書かずに、「今年は○○します」と宣言文を書くのが効果的です。

 

まだ、絵馬を奉納されていなければ、ぜひ実践してみて下さいね。

 

それと、神社でお詣りする際は、名前と住所をお伝えするのを忘れずに。

 

神社でのお詣りの作法について、先日、私のfacebookで投稿しましたので、こちらも参考にしてみて下さい。

 

■神社でのお詣りの注意

 

さて、本日は新年最初のメールということで、New Year Resolutionについてお話いたしました。

 

これは、個人的な目標だけでなく、会社やビジネスについても同じことが言えますので、ぜひ、会社内や社員さん同士で目標を発表する場などを設けてみるのも良いと思います。

 

「私は今年○○を達成します。」・・・と。

 

もし、本気で会社での目標達成を確実なものにしたい、従業員のモチベーションを高めて業績も高めたいとお考えであれば、今までに見たことのない斬新なマネジメント手法がありますので、ぜひ、こちらもご覧下さい。

 

特に、アルバイトやパートさんなど、実店舗でのスタッフを多く抱えている企業(サービス業など)に最適なマネジメント手法です。

 

ご参考までに。
http://www.nekusami.com/

 

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

いつもありがとうございます。

 

 

関連記事

  1. CES2014のマーケティングトレンド
  2. モバイルフレンドリーでGoogle順位変動対策
  3. Radio Shackの経営破綻に見るトレンド
  4. Googleショッピングが日本オープン
  5. 米国におけるリマーケティングの実例
  6. Facebookのカバー写真はプロにお任せしましょう。
  7. Facebookのクリックベイト(クリック誘導)記事排除へ
  8. スマホでのショッピングの傾向を知る

オススメ記事

トレンド・ビジネスアイディア

PAGE TOP
Show Buttons
Hide Buttons