顧客導線

自社ドメインブログはSEO対策に有利!?

今回、私自身のホームページをリフォームしたのですが、同時に公式ブログもリフォームしました。

 

これまでも自社ブログ(自社ドメインのブログ)でしたが、ホスティング会社におまけで付いているブログサービスを使っていました。

 

これでも良かったのですが、いろいろマーケティング的な部分でやりたいことができませんでしたので、今回のリフォームでは、ウェブマーケティングに最適な、しかも無料のWordPressのブログに引っ越しをしました。

 

なぜ、自社ブログ(自社ドメインのブログ)で、WordPressを採用したかというと、以前に比べ、日本語対応してきているところはもちろんのこと、一番は、ホームページのデザインと同じにできるということです。

 

また、自社ドメインブログの利点は、ドメインが自社のドメインということでSEOにも大きな影響を与えます。

 

なぜか?

 

現在の検索エンジンは、単なるキーワードのマッチだけでなく、サイト全体が、そのキーワードに関するテーマで構成されているサイトであるかも判断しています。

 

つまり、小手先のキーワードを羅列したサイトでは評価が低く、サイト全体が関連した情報が掲載され、構成されているサイトであるというのが、上位表示のための一つのポイントになっています。

 

それが、インデックスポイントになり、これは、サイトのページ数が多いこともさることながら、それらのページが一連の情報に関するコンテンツになっていること(通常のサイトであれば、当然そうなっているはず)が、とても大切なのです。

 

したがって、自社ブログの場合、ブログ記事を投稿するたびに、自動的にページが生成されます。つまり、関連する情報ページが追加されている=インデックスが増えている、ということになります。

 

外部の無料ブログも扱いやすくて良いのですが、そのアクセスはそのブログのプロバイダーのものになりますので、自社のSEO対策には大きく貢献しません。(あるのは外部リンクぐらい)

 

ですので、無料のブログからホームページに誘導するには、ブログ記事が相当強力なコンテンツであるか、または、文章力と誘導導線がなければ思う結果は得られません。

 

なので、私はクライアント様のホームページをリフォームする際は必ず、ブログも一緒に自社ブログにリフォームしています。

 

その方が、SEO対策的に有利だからです。

 

さらに、

 

ブログそのものが、ホームページと同じデザイン(顧客導線)で設計されていれば、ブログ記事だけの誘導導線だけでなく、サイドメニューやバナーなどで、お客様を次のアクションに進んでもらいやすくなります。

 

顧客導線を設計する」というのは、こういうことになります。

 

こうした理由から、今回、自分でも、WordPressで自社ブログをリフォームしました。

 

もちろん、この考え方は、ホームページ本体においても言えることです。

 

つまり、お客様がどこを見て、次にアクションしてもらいたいページに誘導することができるのかを考えた構造にする、ということです。

 

お客様が何を知りたくて、何を解決したくて、御社のホームページに訪問されたのか(訪問させたのか)。

 

これは、その前段階にある各種メディア(検索エンジン、Facebook、ブログ、外部リンクなど)に掲載されていた“キーワード”=言葉、に反応し、訪問されています。

 

つまり、ここで、着地点であるホームページで、その反応した言葉に対応していなければ、お客様はそこで、直帰してしまうことになります。

 

そのお客様の需要と、ホームページでのコンテンツのズレがある限り、いくら情報発信をがんばっても、お客様は逃げてしまいます。

 

ホームページをリフォームする最大のポイントは、ここにあります。

 

以前、「ホームページリフォームのメリット」についてお伝えした記事がありますので、併せてお読み下さい。

 

★ホームページリフォームで得られるメリット

 

今回、私の方でご提案差し上げている「ホームページリフォーム」のサービスでは、ホームページ本体だけでなく、必要に応じて、ホームページと連動する自社ブログ(WordPress)も作成致します。

 

また、Facebookページとの連携や、メルマガ配信戦略も込み込みでアドバイス、導線設計を行います。(そうしないと、リフォームした意味がないので)

 

【図】Facebook、自社ブログ、ホームページ(スマホサイト)など、全体のウェブマーケティングでの流れ

new_flow

 

SEO対策にもなる自社ブログ。

 

プラス、顧客導線を考えたホームページリフォーム。

 

ホームページのリニューアルをお考えであれば、ぜひ、こうしたマーケティングの視点を盛り込んだホームページリフォームをお勧めします。

 

ホームページリフォームのお申込みは、今すぐこちらをクリック

 

お待ちしております。

 

それでは、また。

 

いつもありがとうございます。

 

関連記事

  1. 「既存客フォロー」が売上・集客増につながる理由
  2. 米国におけるリマーケティングの実例
  3. 【新SEO対策】ウェブマスターツールとGoogle+の関係
  4. メールの反応率を高める意外と知られていない方法
  5. Facebookやブログでの情報発信を集客につなげるために・・・…
  6. 今だから顧客定義を見直す
  7. ホームページをリフォームする目的・理由
  8. お客様の需要とズレていませんか?

オススメ記事

トレンド・ビジネスアイディア

PAGE TOP
Show Buttons
Hide Buttons