fbpx
ランディングページ作成のポイント
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email

今日は、そのランディングページの作り方についてお話をしたいと思います。

まず、ランディングページを作る際に一番重要なのは、『顧客導線』です。

どの媒体(メルマガ、ブログ、ソーシャルメディアなど)から、どんなキーワード(情報)で、誘導してくるのかを考えた上で、そのキーワードと、ランディングページで使うキーワードを一致させることが反応率を高めるために重要になります。

また、そのランディングページで案内する商品やサービスが、月の目標達成のために強化していく商品・サービスであることが前提で、その商品・サービスを求めている人(それが解決策となる人)が反応するキーワードを考えて行きます。

『逆算思考』ですね。

売りたい商品 ⇒ キーワード決め ⇒ ランディングページ作成 ⇒ ランディングページへ誘導する記事作成(キーワードを一致させる)

と言う手順で行なっていきます。

お客様の流れとは逆に考えて、準備していくと言うことですね。

次に、重要なのが、ランディングページの構成です。

簡単に言うと、

まず、冒頭に、キャッチコピーを置きますが、ここに、キーワードを含めた形でわかりやすく見せます。

その下から、次の順番で内容を構成して行きます。

「結果」・・・参加することで得られるメリットを書きます。
「実証」・・・なぜその「結果」が得られるのか?の理由を書きます。
「信頼」・・・今までの実績や専門家のコメントなどがあれば、それを記載します。
「安心」・・・お客様の声(テキストや動画)などを掲載します。
「価格」・・・金額そのものの前に、購入しなかったことによるデメリットを書きます。
「申込み」・・・わかりやすく・大きく・赤く記載します。

大まかではありますが、基本、この6つ(キャッチを入れて7つ)の項目で構成します。

実際、この基本項目に沿って作った、ランディングページがありますので、ご覧下さい。↓

植物性発酵エキス粉末『HKKOH+プレミアム』

さて、問題は、このランディングページを、あなた自身で作れるか、と言うことですね。

そこで、便利な、オススメツールがあります。

WordPressを使っているのであれば、そこに追加できるプラグイン(アプリのようなもの)で、ランディングページを簡単に作れる「Elementor」と言うものがあります。

これであれば、難しいプログラミングの知識は必要なく、ドラッグ&ドロップと、ワープロができれば、簡単に作成することができます。

百聞は一見にしかず。

こんな感じで操作、作成ができます。テスト操作を動画に収めましたので、ご覧下さい。↓

どうですか?簡単にできそうですよね。

もちろん、タイトルなどの画像や写真などを用意しなければなりませんが、サブタイトルや本文などは、Wordなどができれば、簡単に編集することができます。

また、左サイドの部品群の中から、YouTube動画なども挿入することができますので、いろいろな情報を発信することができます。

さらに、

動画の中にも入れてありましたが、タブレット、スマホでも観れるレスポンシブサイト対応で、それぞれのデザインを確認しながら編集することができます。

自分自身で、キャンペーンに合わせて、ランディングページを用意し、目標達成のためのスケジュールに合わせて、メルマガやソーシャルなどでの情報発信、そして、ランディングページに誘導、受注と言う流れを作ることができます。

実際に、私のクライアント様には、ホームページをWordPressでご提供しているので、一緒に、この「Elementor」も入れています。

最初のうちは、私の方でお作りするのですが、その後は、それを参考に、皆さん、ご自身でランディングページを作られています。

そして、メルマガやソーシャルからの誘導先として、このランディングページに誘導。

そこからの集客や販売につなげられています。

まずは、あなたのサイトを、WordPress化をして、そこに、Elementorをインストールしてランディングページを作り、自分で、集客、売上をコントロールして行きましょう。

ホームページを、WordPressにリフォームしたいと言うことであれば、私の方で承っております。

ただ単にWordPress化するだけでなく、マーケティングの流れも組み込んだ形でリフォーム致します。

ホームページのリフォームを考えているのであれば、ぜひお声がけ下さい。

ホームページリフォームはこちら

お待ちしております。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email
関連記事
最近の投稿
アーカイブ
サービスメニュー
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email