売れるサイトのための6つのチェックリスト
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email

ここ最近、ホームページリフォームのご依頼も含めて、自分のサイトが合っているのか?(機能しているのか?)を見て欲しいと言うご依頼が増えています。

そこで、今日は、私がいつもチェックするポイントについてお伝えしたいと思います。

これらのポイントが、あなたのサイトで備わっているのか、ぜひセルフチェックして見て下さい。

■ チェックリスト1:トップページなどでスクロールしなくても 次のアクションが明確に、見えているかどうか。

メルマガ、ブログ、SNSや広告などから、自分のサイトへ誘導してきた時、スクロールダウンしなくても見える位置に、次にアクションしてもらいたいもの(バナーやリンク)などがきちんと配置されているかどうかを確認して下さい。

お客様がサイトに訪問して、“3秒”で、そこに自分の欲しい情報があるかないかを判断しますので、何もしなくても、パッと目に入る位置に、次のアクションが見えていることが重要です。

■ チェックリスト2:お問い合わせ方法が明確になっているか。

次のアクションやお申込みなどが明確になっていることも大切なのですが、まだ、そこまで気持ちが至っていない方、疑問を解消してから次に進みたいと言うお客様もいらっしゃいます。

なので、お問い合わせ方法、電話番号、お問い合わせフォームの項目(の数)など明確に、分かりやすい、入力しやすい形になっているかを確認してみて下さい。

特に最近では、モバイルサイト(スマホで開いた場合)で、ワンタッチでお問い合わせに飛べるよう、また電話をかけられるよう、フッターにコンタクトアイコンなどを設置することもポイントになります。

■ チェックリスト3:顧客定義と戦略キーワードが一致しているか。

大方の場合、その取り扱い商材で、だいたいの顧客定義はできます。その顧客定義(相手にしたいお客様)と、そのお客様が使うであろうキーワードが、サイト内の主要な位置(タイトルや本文のキーになる部分)で、使われているか、サイト全体で、そのキーワード、テーマで統一されているかを確認します。

ここがズレていると、また、明確になっていないと、いくら情報発信を誘導してきても、お客様はすぐにサイトから出て行ってしまいます。

これは、Google Analyticsで、「直帰率」「滞在時間」などのレポートを確認すると、すぐに分かります。

「直帰率」が高い(70%以上)、「滞在時間」が短い(数秒)ページがあれば、そこは改善の余地があると言うことになります。

チェックリスト4:ブログやSNSとの導線がスムーズに流れているか。

Googleの検索エンジン対策につながる、ブログがホームページ内に組み込まれているか。

今、Googleでは、関連するキーワード(テーマ)のページが、サイト全体の中で何ページ(インデックス)あるかで、評価しています。

そのため、ブログを更新することで、そのページ(インデックス)が増えるので、Google側では、「このサイトは、○◯に関する専門サイトだ」と認識して、該当の検索キーワードに合致させて行きます。

それと同時に、関連キーワードでのサイトへの流入も大きく検索エンジン対策に寄与しますので、SNSでの情報発信から、自分のサイト、ブログへの誘導もしっかりと行うことが、検索エンジン対策上、重要なことになります。

チェックリスト5:見込客獲得のためのしかけが用意されているか。

ホームページは、最終的な決済の場ではありますが、訪問者の8割、9割は、“情報収集”が目的で、あなたのサイトを訪れます。

そこで、“売る”機能しかないサイトでは、お客様(見込客)はすぐに去ってしまいます。

まずは、せっかく訪問してくれたこの見込客を逃さない、次につなげるためのコンタクトを取るために、見込客のお名前とメールアドレスを取り込むしかけを作ります。

この見込客のお名前とメールアドレスを獲得するしかけがあるかどうかは、ウェブマーケティングの成否に大きく関わってきます。

これは物販においても同じです。

いきなり商品販売をするのではなく、また、商品陳列をしているだけでなく、こちらからアプローチできるよう、見込客のお名前とメールアドレスを獲得するしかけが必要です。

チェックリスト6:アクセス解析ツールが設定されているかどうか。

これが一番重要かもしれません。

Google Analyticsなどアクセス解析ツールが設定されているか。これが設定されていないと、何を改善していけばいいのかが分かりません。

アクセス解析=お客様の動き・志向の確認になりますので、 これを元に、今後の戦略を決めていくことになります。

その他にも数点アクセス解析ツールがありますので、これらツールも必要に応じて導入して行きます。

この他にも、「売れるサイト」になっているかどうかのチェックリストがあるのですが、確実に確認するのが、上記の6つのポイントになります。

この基本の6つがないと、何をやってもバラバラで結果につながりません。

ホームページリフォームするにしても、まずは、この6つのポイントから見直して行きます。

まずは、この6つのポイントをセルフチェックしてみて下さい。

自分では不安、よく分からないと言うことであれば、私の方でチェックすることも可能です。

今なら、無料でホームページ診断をしていますので、まずはこちらをご利用下さい。

無料ホームページ診断

まずは、あなたのホームページを拝見させて頂き、その上で、Skypeセッションを行います。

そこで、改善点などをお伝えします。

もし不明な点、聞きたいことなどあれば、この際にご質問、ご相談頂けます。

まずは、 無料ホームページ診断から始めてみて下さい。

お待ちしております。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email
関連記事
最近の投稿
アーカイブ
サービスメニュー
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email