最近売れなくなってきたなぁと感じたら・・・
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email

コロナの影響が深刻で、外出や人の集まる所への出向くことが自粛され、ますますウェブビジネスの重要性が増してきていますね。

ここ最近、動画セミナーなどのノウハウ売りが目立つようになってきました。

確かに、動画は非常に重要なマーケティングツールですが、以前よりお話ししているように、ツールだけあっても、戦略や導線がないと機能しませんので、ご注意下さいね。

重要なことは、動画であれ、ブログであれ、何であれ、まずは、よりお客様のことを知ろうとする努力が必要になります。

いえ、努力だけでなく、お客様の動向、思考特性を知るしくみ、しかけが必要です。

相手にしたいお客様が何を求め、何を必要としているのかを知ることで発信する情報が分かり(決まり)、それが、セールスに繋がって行きます。

その上で、動画セミナーなり、動画の活用が、より効果を発揮します。

そして、こうした“攻め方”も大切なのですが、もう一点、ウェブマーケティングの展開において、多くの方が見逃してしまっている、でも大事なことがあります。

それは・・・

「うまくいっている原因、なぜうまくいっているのか分からないまま過ごしている」

ということです。

この「問題」は、売上の大部分が既存のお客様のリピート購入がメインになっている場合が多く、何となく売上が上がっているので、“問題”として認識している人が少ないのです。

マイナスな問題は目につきやすいのですが、うまくいっていることに、着目する人は少ないのです。それが一番大切なのですが・・・

でも、ここを理解しないと、いきなりリピート客がいなくなる、と言った時に対応できなくなり、パニックになってしまいます。

以前にもお話ししましたが、商品にはその売れる波と言うのがあります。

関連記事:「売れる瞬間を逃さない!」

もちろん、リピートで売上が上がっていることは、ある意味、理想的なのですが、この場合、常にリピートして頂けるサービスや商品が用意されていることが前提となります。

この時、なぜリピートされているのか、誰が、どれぐらいの頻度、期間でリピートしているのかをきちんと分析、把握していることが重要になってきます。

サプリメントや消耗品など、恒常的にリピートする商品ならば良いのですが、そうでない商品の場合のリピート購入には限度というか、それが続く期限があります。

しかし、何となくリピート客で売上が確保できている会社ほど、そこに依存し過ぎてしまう傾向があり、「最近、何か売上が減ってきたなぁ」ということで気がつき始めます。

そこから重い腰をあげても遅かったりします。

ポイントは、今、うまく行っていることがなぜそうなっているのか、既存のお客様がどう言う動きをしているのかをきちんと把握した上で、同時に、新規客獲得のしくみ、しかけを準備し、次の世代のリピート客にしていく流れにつなげて行きます。

ある程度、売上が上がっている、何となく売上が上がっている場合ほど、「うまくいっている原因」を見直して、それを次につなげるしくみに活かしていくことが必要です。

通常は、「うまくいっていない原因」を探り、それを補うためのツールやノウハウなどを充てて改善していくのですが、実は、一方で「うまくいっている原因」も分析することで、現状の売上を構成しているお客様の属性を把握し、売り上げを上げる理由を知ることになります。

ここで重要になってくるのが、「商いの設計図」ということになります。

(クリックして拡大)

さらに今以上の売上を確保するために、現状の売上構成と今現在行っている施策を見える化することで、各プロセスのコンバージョン率(転換率)を知ることができるので、どこで詰まっているのか、どこに注力すればいいのかが分かってきます。

これで、あなたのサイトの「隠れ問題」が見つかるはずです。

うまく行っていることの分析と、水平展開。

そして、新規客獲得から見込客の教育、そして、セールスから、リピートまでの流れを見える化して、「穴」を見つける。

この穴埋めをすることが、さらなる業績向上につながることを認識していきましょう。

ご確認ください。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email
関連記事
最近の投稿
アーカイブ
サービスメニュー
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email