「なぜ」の力

090506_1358~0001.jpg

最近の若い人は、お受験のせいもあって記憶力はいいのですが、その答えに対する理由を答えられなくなっているらしい。
いわゆる応用力の部分が、先進国の中でも最下位並みだそう。
詰め込み式の学習方法で学んできているので、「これの答えはこう」という“答え”しか頭の中にない。
だから、教えればできるけど、何か突発的なトラブルが起きたり、イレギュラーな事象が起こると、そこで思考停止してしまう。
ただ、これは若者に限ったことではなく、大人も同じことをしていたりする。
盲目的に、「よその会社がやっているからうちもやろう」「専門家がこう言っているからうちもやってみよう」と、その意味、目的を考えずに、経営判断してしまっているケースをよく見かけてきました。
特に会社経営においては、こうした判断は命取りになってしまう可能性が高い。
そこで、こうならないためにどうすればいいのか?
日頃から、その答えに対する「なぜ?」を追求することです。
「なぜ?」を答えられるようにしておくことが、成功の秘訣のひとつになります。
一般常識と言われることをとっても、それがなぜ必要なのか、なぜ大切なのかと考えること。
マーケティング的な施策、ツールやノウハウを採用する際、「なぜ、それが必要なのか?」という目的意識を持った取り組みが必要になります。
今まで多くの企業様を見てきて、成功している企業はほぼ、すべての行う施策の意味と目的を理解して、会社の限りあるリソースを有効に使って、利益を最大化しています。
その根底には、常に「なぜ」の力を使って、目的や意義を明確にしているからです。
インターネットでビジネスをしているのであれば、「なぜ、ホームページが必要なのか?」「なぜ、この広告投資が必要なのか?」「なぜ、メルマガを発行しなければいけないのか?」と、立ち返って、その意義、目的を確認されることをお勧めします。
果てしない探究心こそが、成功への鍵かもしれません。
いつもありがとうございます。
みんなハッピー♪

関連記事

  1. 動画の活用は本当に必要なのか?

  2. アメリカでのすごいセミナー活用事例

  3. 売上目標を達成させる9つのポイント

  4. 目標設定とマーケティング

  5. 一度逃げたお客様を呼び戻す方法

  6. CES2014のマーケティングトレンド

  1. 2019.06.24

    社長、営業マンを楽にしてあげましょう!!

  2. 2019.06.17

    人を動かす6つの動機

  3. 2019.06.17

    タイプ別(業界別)戦略設計のポイント

  4. 2019.06.14

    戦略設計はできていますか?

  5. 2017.12.11

    LA Autoshowに行ってきました。

  1. 2015.08.03

    「仕組み」は「感情」で考える

  2. 2015.07.08

    最近、「売れなくなってきた」と思ったら!?

  3. 2015.04.24

    見込客を逃さないために必要なもの