ヤマト復活

yamato.jpg

30代後半以上の年齢の方であれば、少年時代にハマっていた、あの「宇宙戦艦ヤマト」が復活します。
しかも、「完結編」から25年。ヤマトを知らない世代の方が多くなっているかもしれません。
そんなヤマトの復活編が、密かにプロモーションを始めています。
今から2ヶ月前ぐらいから、無料のプロモーションDVDの配布が始まっており、早速、応募しました。
今はすでに終了しています。
新宇宙戦艦ヤマト 復活編 オフィシャルサイト
そして、今日、ようやくそのプロモーションDVDが届きました。
中身は、ほんのさわりの部分だけですが、戦艦がCG処理されており、かなりの臨場感がありました。
さて、ここで少しマーケティングのお話を。
このプロモーションDVD、マーケティングのしかけが施されていました。
DVDのパッケージの裏に、こんなメッセージが。↓

yamato2.jpg

「このDVDはあなたにお送りしたものですが、1人でも多くの人に見て頂きたいのですが・・・」
うむぅ・・・うまいなぁ。と感心しながら、このメッセージを読んでしまいました。
さらに、こう続きます。
「プロモーションDVDは第2弾、第3弾と続々リリースされます。メールアドレスをご登録いただいた方にご案内を差し上げます。」
ということで、お友達に紹介することで、メールアドレスの獲得をするという、ダイレクト・レスポンス・マーケティングの基本と、口コミマーケティングの融合のマーケティング施策を展開しています。
オーソドックスではありますが、映画のプロモーションでもこのような手法が取られることは珍しいです。
しかも、「ヤマト」というネームバリューのある作品が。
それだけに、「ヤマト」世代の高齢化が進み、市場性からすると、この手法で口コミ喚起をして、話題性を出そうということかもしれません。
まぁ、こうしてブログに記事を書いている時点でプロモーションになっているのですが・・・
しかし、子供の頃に見た、テレビ版の「ヤマト」があまりにも衝撃的だったので、それを越えられるかどうかは、今回の映画製作者にとっては、かなりのプレッシャーだと思います。
頑張ってほしいものです。
そういえば、小学生の頃、なけなしのお金をかき集めて、「ヤマト大百科」という本を買ったっけ・・・。
いつもありがとうございます。
みんなハッピー♪

関連記事

  1. 「お客様の気持ち」を動かす秘訣

  2. ウェブで目標達成する最善の方法

  3. 第三の集客「感性検索」に対応する方法

  4. 継続利用して頂くためのエッセンス

  5. ウェブサイトを「分析ツール」にする

  6. 効果的な情報発信術

  1. 2019.06.24

    社長、営業マンを楽にしてあげましょう!!

  2. 2019.06.17

    人を動かす6つの動機

  3. 2019.06.17

    タイプ別(業界別)戦略設計のポイント

  4. 2019.06.14

    戦略設計はできていますか?

  5. 2017.12.11

    LA Autoshowに行ってきました。

  1. 2015.08.03

    「仕組み」は「感情」で考える

  2. 2015.07.08

    最近、「売れなくなってきた」と思ったら!?

  3. 2015.04.24

    見込客を逃さないために必要なもの