Googleショッピングが日本オープン

すでに気がつかれているかもしれませんが、ここ最近、Googleの動きが活発化しています。
特に、ネット販売に使える下記の無料サービスが追加されました。
 ・Googleショッピング
 ・Google Analytics 「ページ解析」
です。
先日、10月28日に、Googleショッピングが日本でもサービス提供となりました。
つい数日前には、Googleのトップページの上部に、また、検索結果のページの左側に、「ショッピング」というメニューが追加されたので、お気づきになっていたかもしれません。
Googleショッピングの検索ページから商品検索することで、登録されている商品が表示されます。
もちろん、通常のGoogleの検索結果にも、「◯◯のショッピング検索結果」ということで表示されます。
ただ、楽天やYahoo!ショッピングとは違って、モールではなく、あくまでも検索結果として、商品が表示され、そこからのリンクはご自身のサイトへの誘導となります。
決済は、あなたのサイトで、ということになります。
検索結果は、「登録されている」と言いましたが、登録は、ご自身で行うことができるのです。
しかも、【無料】です。
もし、小売を行っているのであれば、MUSTで登録してください。
商品登録は、下記のページから登録することができます。
★Googleショッピング商品登録
Googleアカウントをお持ちであれば、登録することができます。
当たり前なのですが、まだこのGoogleショッピングのサービスが始まって2週間程度ですから、早めに手を打つことは言うまでもありません。
特に小売、通販を行っているのであれば、確実に登録対応をして下さい。
また同時に、ショッピングサイト内の検索機能として使える、Google Commerce Searchもバージョンアップしましたのでご確認下さい。
単純に商品名の検索だけでなく、価格帯やカテゴリなどでも商品検索できるようになります。
★Google Commerce Search
もちろん、Google Analyticsとの連動もありますので、その効果測定も、アクセス解析と同時に行うことができます。
これを機に、Googleショッピングへの登録、Google Commerce Searchの導入をして、Google Analyticsで計測をしましょう。
そして、もうひとつのGoogleの新サービスが、このGoogle Analyticsの「ページ解析」です。
このGoogle Analyticsの「ページ解析」は、御社のホームページの中に設置している各リンクのクリック率を確認することができます。
さらに、見えている部分のクリック率も表示されます。
つまり、ページが下に行くにつれてクリック率が下がっていくことを数値で確認することができます。
ということは、それを参考にしながら、ホームページのデザインや構成、構造を改善していく指標として使うことができます。
「ページ解析」で見れる画面はこちら
もちろん、ホームページのデザインや構成変更も大切なのですが、もっと重要なことは、SEO対策やリスティング広告、ブログやSNSなどからホームページへの誘導導線との整合性が取れているかという点を検証することです。
これは物販、サービスの別に関わらず、訪問されたお客様が、御社のホームページでどのように動き、どのように反応しているのかを把握し、その結果を最適化していくことが、これから求められることになります。
なぜか?
これだけ多くのホームページが世の中に存在するということは、同時に同じく商材が存在しているということ。
最近のお客様は、検索エンジンの検索結果からだけでは、果たしてその情報が自分が求めているものかどうかの判断がつかなくなってきているのです。
だから、今、twitterなどの消費者目線の情報にも、その需要を満たす欲求が広がってきているのです。
お客様は、膨大な情報の中から、自分が探している情報を、できるだけ早く、的確に得られることを臨んでいます。
あなたもそうだと思います。
できるだけお客様に優しい、しかし、裏を返せば、あなたにとっては、非常に効率的なホームページになっていることを目指すことになります。
さて、今現在の御社のホームページはどうでしょうか?
ホームページでどう売ろうか、どう資料請求を得ようかということだけで、デザイン構成をしていませんか?
集客施策からの連動を考えて、構成を考えていますでしょうか?
せっかくあるホームページが機能不全にならないように、もっと効率的に求める結果を得るためには、きちんとした効果測定が必要です。
そこで、
Google Analyticsを使った計測を、一から設計し、実践、そして、その結果分析までを行う「ホームページ最適化パック」をご用意しました。
★ホームページ最適化パック
・Google Analyticsの初期設定
・Google Analyticsによる反応率測定
・測定結果分析
・分析結果からのホームページの改善
・顧客動向分析によるマーケティング施策の策定
・戦略策定(商いの設計図)
・ SEO順位推移表
を約2ヶ月間をかけて行います。
その都度、Skypeによる直接対話でやるべきことをお互いに確認し、それを行うための行動計画を立てて実行します。
その実行、結果検証を繰り返し、ホームページの最適化を進めていきます。
なお、「ホームページ最適化パック」は、単にホームページのみの最適化にとどまらず、販売プロセス全体を見た上での最適化も含みます。
なぜなら、表層的なデザインの並べ替えだけでは、あまり意味がないからです。
御社の商材の販売プロセスの中で、ホームページがどのような位置づけになっているかで、戦略が変わってくるからです。
ホームページをもっと効率的なマーケティングツールとして活用したいということであれば、ぜひ、この「ホームページ最適化パック」で、最適化を図って下さい。
★ホームページ最適化パック
ご活用下さい。
いつもありがとうございます。

関連記事

  1. Webで儲けるのに大事なこと

  2. YouTube動画のアノテーションの外部リンクを有効にする方…

  3. 外食産業は必死

  4. キャンペーンの情報発信のポイント

  5. リスティング広告出稿に関する勘違い

  6. オーサーランク対策でもう1つ大切なこと

  1. 2019.06.24

    社長、営業マンを楽にしてあげましょう!!

  2. 2019.06.17

    人を動かす6つの動機

  3. 2019.06.17

    タイプ別(業界別)戦略設計のポイント

  4. 2019.06.14

    戦略設計はできていますか?

  5. 2017.12.11

    LA Autoshowに行ってきました。

  1. 2015.08.03

    「仕組み」は「感情」で考える

  2. 2015.07.08

    最近、「売れなくなってきた」と思ったら!?

  3. 2015.04.24

    見込客を逃さないために必要なもの