fbpx
ソーシャルメディアとホームページ(ブログ)の連携のポイント
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email

ソーシャルメディアがこれだけ発展、進化してきている現代、マーケティングやセールスで、これらを活用しない手はありません。

しかし多くの方は、ソーシャルメディアを使うことはわかっていても、それをどうビジネスに活かすのかがわかっていないのが現実です。

正直、ソーシャルメディアの情報発信だけでは、そこでのセールスはあり得ません。

ソーシャルメディアで情報を見ている、探している人は、なんとなく「いい情報がないかな」と漠然と情報を見ている人が集まっている場です。

逆に言えば、そうした漠然と情報を探している人の琴線に触れる情報を出せるかどうかがポイントになると言うことです。

もちろん、それが、あなたが提供している商品やサービスにつながる情報であることは大前提です。

そして、次に大切なことは、特にFacebookでは、全ての友達、フォローしているFacebookページの投稿が、あなたのFacebookのタイムラインに出てくるわけではないと言うことです。

いつもあなたが、ご自分のFacebookのタイムラインで見れている情報は、

・自分が「いいね」した人の記事

・自分が「コメント」やシェアをした人の記事

・友達が「いいね」や「コメント」、シェアした記事

で、その頻度の多い記事が優先的に表示されるようになっています。

それもそうですよね。500人の友達がいて、毎日、その500人の人が投稿した記事が全部表示されていたら、読みきれませんし、表示するのも大変です。

そこで、いつも目にしている記事は、こうした、自分と関係性の深い人の記事ということになります。

この関係性を「エンゲージメント」と言います。

つまり、ソーシャルメディアで情報を発信しても、このエンゲージメントが獲得できていないと、誰の目にも触れないと言うことになってしまいます。

なので、いかに「いいね」や「コメント」、シェアされる情報を発信できるかどうかがポイントになるわけです。

この「エンゲージメント」は、個人のFacebookアカウントでは確認することができないのですが、Facebookページであれば、「インサイト」(Facebookのアクセス解析)で確認することができます。

これにより、どんな記事が興味があり、「いいね」や「コメント」などの反応が多いのかがわかります。

このデータを見て、発信する情報をそちらに寄せていくことで、最適化が進んでいきますので、より友達や「いいね」をしてくれている人に、あなたの投稿を見せることができるようになります。

さらに!!

これを加速させるために、既存の見込客や既存客にも協力してもらうしかけを用意します。

ここが重要なんですね。

ブログ(もちろん、自社ドメインブログ)で書いた記事をFacebookでも公開するのですが、ポイントは、そのFacebookで投稿した記事から、自社ブログの記事ページへのバックリンク(URL)を設置して誘導するようにします。

これにより、Facebookからホームページ(ブログ)に誘導する導線を作り、誘導した先に、次のアクション(見込客を獲得するためのオファー)を用意することで、見込客獲得につなげます。

実は、これまでアメブロでは、アメブロで投稿した記事を自動的にFacebookに投稿できていたのですが、一昨年よりその機能がなくなりました。

なので、もしこれを行う場合は、いちいちブログ記事のURLをコピーして、手動でFacebookで貼り付けて投稿しなければならなくなりました。

WordPressのホームページでは、プラグイン(アプリのようなもの)で、投稿したブログ記事をFacebookにも自動投稿できる機能が使えますので楽です。

話を戻しますと、このブログ記事のFacebookへの連携を行うことで、見込客、既存客の方のエンゲージメントが獲得することができますので、そこから、そのお友達にも$atenalastname$さんの記事を見せることができるようになります。

ここが大切なんですね。

エンゲージメントを獲得すると言うことは、

・お客様の興味のある記事が分かるようになるので、記事の最適化ができるようになる。

・エンゲージメントを獲得すると優先的にその方に記事を見せるように働く。

・見込客、既存客のエンゲージメントを獲得することで、そのお友達にも記事を見せるようにすることができる。

と言う良いことが起こります。

もちろん、「ホームページリフォーム」 では、このエンゲージメントマーケティングのためのFacebook連携の設定も行います。

そして、これまでの投稿記事から、分析を行って、どのような情報発信をすべきかをアドバイスしながら、ホームページやブログでの情報発信戦略も組んでいきます。

見せ方、攻め方も行っていくのが、「ホームページリフォーム」になります。

今、ソーシャルメディアを使ったマーケティングを行う中で、エンゲージメントマネジメント、マーケティングは欠かせません。

エンゲージを獲得し、集客につなげるためのホームページリフォームを行いましょう。

ホームページリフォームの詳細&お申し込みはこちらをクリック

お待ちしております。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email
関連記事
最近の投稿
アーカイブ
サービスメニュー
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email