fbpx
ビジネスの安心材料
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email

オンライン化、IT化していくことでビジネスを続けられることも、安心材料なのですが、実はもう1つ大切な安心材料をお伝え忘れていました。

それは、

「見込客リスト」です。

見込客リストを持っているからこそ、コンタクトができ、コニュニケーションを図ることで、セールスへとつながっていくからです。

実際、私の売上の80%は、「見込客リスト」からで、20%はご紹介による売上です。

なので、「見込客リスト」があることで先が見えるので、安心してビジネスを継続できるのです。

もちろん、購入頂く方だけでなく、応援・支援してくれる方もいらっしゃるので、情報共有することで、新しいお客様の紹介誘引が期待できるので、「見込客リスト」を持ち、フォローをしていくことで、売上が見えてきます。

だから、“安心して”ビジネスを続けることができるのですね。

正直、SNSのフォロワーが多いことは、これには該当しません。

そのフォロワーの中でも、毎回「いいね」をしてくれる人、コメントやシェアをしてくれる人(エンゲージメントが高い人)が、ここで言う見込客に該当しますので、その方々とコンタクトが取れるようにすることが大切なのです。

そこで、重要なのは、「見込客リスト」として保有するしかけを持つことです。

何度もお伝えしている通り、SNSは、「何かいい情報がないかな」と流し見をしている層のお客様(潜在顧客層)なので、ここでセールスをかけてもなかなか売れません。

そこから一歩深く関係性が築けた状態で、セールス(ご提案)をしていくことで初めて売れるようになります。

そのために「見込客リスト」を獲得し、メルマガでさらなる情報提供をしていくことで「有望見込客」へと育てていきます。

SNSでの広告を打つにしても、直接の購入のための広告ではなく、「見込客」を獲得するための広告にすることがポイントです。

そして、自社サイト上に「見込客」に登録するためのオファーを用意するわけです。

ここは、あなたの提供する商材に関して、お客様が困っていること、解決したいことの助けとなる初期情報を提供します。

これが、「お試しサンプル」だったりするわけですね。

こうした「見込客リスト」を持っていることで、ここをベースに売上目標を立て、そのための行動計画を立てていくのです。

これは、以前の記事で紹介しましたね。

関連記事:「売りたい商品を売るためのキャンペーンプラニングのコツ」

とにかく、オンラインビジネスの基礎の基礎でもある「見込客リスト」の獲得。

ここから売上の組み立てを行っていくので、必須になります。

この「見込客リスト」を持っていないと言うことが、不安に繋がるのはよく分かります。

だって、“打つ手がない”のですから。

しかし、「見込客リスト」を持ち、そこへの情報提供、そして、その反応を見ることで、“打つ手”が見えるので、やるべきことが見えてきます。

オンライン化、IT化することも大切ですが、その中で、「見込客リスト」を獲得するしかけも用意することが大切です。

ぜひ、「見込客リスト」を作ることを進めて頂ければと思います。

関連記事:「見込客リストの保有が成否の鍵」

ご参考まで。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email
関連記事
最近の投稿
アーカイブ
サービスメニュー
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email

現状のウェブサイト、これから作るウェブサイトを機能させたいと言うことであれば、まずはお問い合わせ下さい。

マイレア・コンサルティング
〒279-0042 千葉県浦安市東野1-27-1 405
LA: 18818 Teller Ave. Suite 210, Irvine, CA 92612

© Copyright 2020 Mailea.com All Rights Reserved.