動画がダメなら、文書があるさっ

issuu.jpg

新しいインターネットマーケティングに使えるサービスが登場しましたので、ご紹介したいと思います。
この新サービスは、「あなたにもできる!」と言っては失礼かもしれませんが、動画などよりも簡単に、あなたが持っている情報をシェアすることができるサービスです。
そのサービスは、YouTubeが動画共有サービスだとすると動画ではなく、PDFなどの文書を共有することができるサービスです。
???ですよね。ご説明しますね。
文書の共有サービスであれば、Evernoteが有名ですが、Evernoteは、どちらかと言うと、オンラインストレージに近いと思います。
そうしたものではなく、YouTubeのような形で、あなたの書いた文書を多くの方に共有することができるものです。
百聞は一見にしかず、ですので、まずはこちらをご覧下さい。↓
サンプル文書はこちらをクリック
いかがですか?
私が言っている意味が、お分かりになりましたでしょうか?
今まで、PDFをウェブ上で公開するものは、Adobe.comなどのようなものもあったのですが、YouTubeのような形で、しかも、Facebookなどへの共有することができる、というものはありませんでした。
このサービスは、「issuu.com」と言って、自分の文書や本などを公開、シェアできるサービスです。
まだ英語版だけなのですが、ご覧頂いたように、タイトルでも説明文でも日本語を使うことができます。
さらに、このサービスの良いところは、YouTubeのように、文書画面を、自分のホームページに設置することができるということです。
例えば、無料レポートなどをオファーして出される際、告知ページに、その文書をプレビューできるようにしたりして、内容を確認して頂けるようにできます。
例えば、こんな感じです↓

sample_report.png

これまでも、自分のホームページを置いているサーバーに、PDFファイルを置いて、そのURLを開いて頂ければ、同じことができたのですが、このサービスを使うことの一番のメリットは、FacebookなどのSNSに共有できる機能が付いている点です。
このサービスを使って閲覧している文書に、「Share」ボタンが付いていますので、ここで、Facebookをはじめ、いろいろなSNSに共有することができます。
ホームページや動画、リンクなどは今までシェアできたのですが、文書ではシェアができなかったので、このサービスは画期的です。
さらに、YouTubeのチャンネルのように、「読者登録」ができ、新しいドキュメントがアップされれば、自動的にお知らせする機能も付いています。
さて、この文書共有サービス「issuu.com」は、無料登録ですぐに使うことができます。
http://issuu.com/signup
Facebookのアカウントを持っていれば、Facebookアカウントで登録することもできます。
あとは、自分のアカウントに文書ファイルをアップして公開するだけです。
アップできる文書形式は、PDF、DOC、PPT、ODT、WPD、SXW、RTF、ODP、SXI形式で、100メガバイト、500ページ未満であればアップすることができます。
実際に、issuu.comでは日本の方も多く文章を公開されていますが、多くはチラシや飲食店などはメニューなどを公開されて共有しているようです。
資料請求や無料レポートなどを見込客獲得のためのフックにしているのであれば、すべてを公開してしまうと、請求登録してもらえないので、サンプルということで一部公開するのが良いでしょう。
実店舗などを運営されている場合は、チラシなどを公開、共有するようにしましょう。
その際、チラシの構成ですが、必ずホームページに誘導するように導線を必ず設けましょう。普段配布するチラシもホームページへの誘導導線を作る(URLを掲載する)ことを忘れないで下さいね。
ちなみに、issuu.comにアップする文書に、URLのリンクを設置すれば、クリックできるようになりますので、直接、ホームページに誘導することができます。
そして、その文書をissuu.comにアップしたら、Facebookなどでシェアしていきましょう。
このサービスを使うことで、いろいろなマーケティング施策を行うことができます。
単純に集客のための文書公開だけでなく、既存のお客様や会員向けの情報提供などで活用することができます。
ページめくりのような感覚で見ることができるので、見た目も楽しいですね。
さらに、今はアンドロイド携帯には対応しているのですが、近々、iPhoneにも対応するようで、スマートフォンでも見ることができるようになります。
※今でもiPhoneで見ることはできます。
動画などは、撮影機材の準備や操作、編集などが難しいということで敬遠されがちですが、ワードやパワーポイントであれば何とかできそうではないですか?
また、チラシやメニューを業者さんにお願いした際、PDFファイルでももらえますので、それを有効活用していければと思います。
日進月歩のインターネットの世界。
その中でも、簡単に情報共有できるサービスが出てきましたのでぜひご活用下さいね。
もし、自分のホームページ、ビジネスにおいて、どのように活用したらいいのか分からないということであれば、お気軽にご相談下さい。
お待ちしております。
いつもありがとうございます。

関連記事

  1. 売上目標を達成するために大切なこと

  2. 反応率を高める情報の種類

  3. ebay復活で世界市場へ

  4. 「ガリレオ」式論理思考で目標達成

  5. 【新SEO対策】ウェブマスターツールとGoogle+の関係

  6. Facebookページの「インサイト」は宝の山!?

  1. 2019.07.11

    お金の流れと改善策の関係について

  2. 2019.06.24

    社長、営業マンを楽にしてあげましょう!!

  3. 2019.06.17

    人を動かす6つの動機

  4. 2019.06.17

    タイプ別(業界別)戦略設計のポイント

  5. 2019.06.14

    戦略設計はできていますか?

  1. 2015.08.03

    「仕組み」は「感情」で考える

  2. 2015.07.08

    最近、「売れなくなってきた」と思ったら!?

  3. 2015.04.24

    見込客を逃さないために必要なもの